未分類

映画「ミスミソウ」ネタバレ、ダメな点の指摘(ここが変)

 

「ミスミソウ」のネタバレ記事ですので

注意して読んで下さい!

 




「ミスミソウ」の解説

 

2017年製作 日本映画

上映時間:114分 R15+指定になっています

配給:ティ・ジョイ

 

 

「ハイスコアガール」「でろでろ」などで知られる

押切蓮介の人気サスペンスコミックを、

「ライチ☆光クラブ」の内藤瑛亮監督のメガホンにより

実写映画化した作品です。

 

家族をいじめっ子達に殺された少女の復讐を描いた内容になっています。

少女が復讐のために、次々とクラスメイトを殺していくのですが、

かなりエグい映像になっています。

 

「ミスミソウ」とは?!

作品のタイトルとなっている「ミスミソウ」は

雪国の春を彩る野草で、

「雪割草(ユキワリソウ)」とも呼ばれていて

ほかの花に先駆けて色とりどりの花を開くことから、

多くの人に親しまれています。

 

 

「ミスミソウ」の内容(あらすじ)

 

東京から田舎に転校してきた野咲春花は、「部外者」として

扱われ、学校で壮絶ないじめを受けていた。

 

唯一心を許せる存在は、同じように転校してきた

クラスメイトの相場晄だけだった。

 

彼の存在を頼りに学校生活を送っていた春花だったが、

いじめは日に日にエスカレートしていく。

 

 

ある日、彼女の自宅が火事になってしまい春花の妹・祥子は

大やけどを負いながらも何とか命は助かったが、

両親は命を落としてしまった。

 

やがて事件の真相が露見する事を恐れたいじめっ子達は

春花に自殺をするように強要する。

 

 

しかし、それがきっかけとなって春花は事件の真相を知り、

家族を奪ったいじめっ子達に壮絶な復讐を開始するのだった。

 




「ミスミソウ」の感想

 

作品の途中までは、家族を殺されてしまった少女の

復讐劇として進んでいきます。

 

その殺し方と言うか、映像はかなりエグいもので

R15+になっている理由が分かります。

 

ただ、いじめっ子達のグループは7人(男子が3人)いますが、

その内の2人が武器を持っているのが、納得できないと

言うか・・・

 

春花の両親をいじめっ子達のグループが襲った時も

父親をボーガンで射貫くのですが、

「中学生がそこまでやるか?」と思いました。

 

また、警察や消防は無能ではないので、

この事件は放火殺人だとすぐに分かるはずなのに、

いじめっ子達のグループに捜査の手が回らないのは

おかしいです。

 

さて、本作は途中までは復讐劇として

ある意味、スカッとした気分で観ていましたが、

途中からワケが分からなくなります。

 

春花が心を許していたクラスメイトの相場晄が実は

超問題児で、暴力で母親や祖母を大怪我させていた事や

春花同様にいじめれれていた別の少女が放火の実行犯だったり・・・

 

また、担任教師がクソだったり・・・

 

つまり、この作品の登場人物は皆、頭がイカレテいるのです。

 

もう一つ、最後に春花が相場晄に襲われた時に

ボーガンで相場晄を射貫くのですが都合良すぎますね。

 

そのボーガンはいじめっ子達の1人の男子のもので、

春花がその男子を殺した時に落としたままのものです。

 

雪の中からボーガンを拾いだすのですが

一緒にあるはずの死体はどこへという感じです。

 

このように

細かい設定に納得いかない所が多いという感想です。

 

あと、いじめっ子達のグループのリーダーだけが

生き残ったのには不満でした。

(主人公の春花も死んでいます)

 

作品そのものは面白いのですが、

設定がダメな点がいくつかあったのが残念ですね。

 

評価  ★★★★ (4/5)

 

「ミスミソウ」は

下から無料で視聴できますのでどうぞ!