未分類

映画「ブルー・マインド」の見どころ解説、無料で観る方法

 

「ブルー・マインド」の見どころなどについて

まとめてみます。

 

 

2017年製作   日本公開は2018年

上映時間:101分

スイス映画




「ブルー・マインド」の解説

 

原題名は「Blue My Mind」です。

 

大人へと成長していく15歳の少女の身に起きた

奇妙な出来事を描いたスイス製の新感覚ホラーです。

 

スイス映画賞では7部門にノミネートされ、作品賞、

主演女優賞、脚本賞の主要3部門を受賞しました。

 

「ブルー・マインド」の内容(あらすじ)

 

15歳の少女・ミアは両親の仕事の関係で新しい街へと

引っ越して来て、新しい学校に通う事になった。

 

彼女は、親の都合に振り回される事への苛立ちと、

大人の女性へと変わっていく自分自身への言いようのない

不安を抱えていた。

 

そんな中、ミアはクラスでも目立つ存在のジアンナたちと

仲良くなる。

 

 

ミアは憂鬱な気持ちを振り払うように、仲間たちと

アルコール、 万引き、男子生徒ととの交友などの

悪い遊びに手を染めていく。

 

そんな中、彼女は初潮を迎えると、不気味な体の変化を

感じ始めた。

 

 

しかし、それは明らかに「成長」と言うにはあまりに

不気味で、不自然なものだったのだ。

 

果たしてミアの身に一体何が起こっているのか?

 

彼女を待ち受ける過酷な運命とは・・・?




「ブルー・マインド」の感想

 

この先はネタバレになりますので注意して下さい。

 

まず、新感覚ホラーという触れ込みですが、

「どこがホラーなんだ?」という感じです。

 

ただ、劇中、ミアが水槽の中の観賞魚を捕まえて

むさぼり食う場面や、授業で使った解剖後の魚を

むさぼり食う場面は気持ちが悪かったです。

 

 

あと、15歳で初潮って遅くないかな~と思いました。

 

最後にミアは半魚人(人魚)になってしまうのですが、

それがリアルさがなく、いかにも作り物という感じで

もっと精巧に作れよと文句を言いたくなりました。

 

また、ストーリー展開のテンポが遅く

途中、飽きてしまいます。

 

この作品で作品賞を取るなんて

スイス映画はレベルが低いのかと感じました。

 

とにかく、駄作ですね。

 

評価 ☆☆☆☆ (1/5)

 

「ブルー・マインド」は

オススメの作品ではありませんが、

下から無料で視聴できますので、気になる方はどうぞ!