未分類

映画「新感染ファイナル・エクスプレス」の考察・無料で観る方法

 

「新感染ファイナル・エクスプレス」

良い所とダメな所についてまとめます。

 

 

2016年製作  韓国映画

上映時間118分

配給:ツイン




「新感染ファイナル・エクスプレス」解説

 

原題名は「부산행」で英題は「Train to Busan」です。

 

原題を日本語に直訳すれば「釜山行き」となりますが、

邦題はインパクトを重視した「新感染」が選定されました。

 

これは、韓国の高速鉄道内のストーリーである事から

日本の「新幹線」に掛けたものです。

 

前日譚としてアニメ映画

『ソウル・ステーション/パンデミック』が同時期に

公開された他、続編として

『新感染半島 ファイナル・ステージ』が公開されています。

 

ソウルとプサンを結ぶ高速鉄道の中で突如として発生した、

謎のウィルスの感染拡大によって乗客が次々に

ゾンビへと変わる恐怖と混沌を描いた

韓国製サバイバルパニックアクションです。

 

しかし本作はゾンビ映画ではありますが、

作中「ゾンビ」という言葉は一切使っておらず、

「餓鬼(아귀)」あるいは「感染者」という表現を

用いています。




「新感染ファイナル・エクスプレス」の内容(あらすじ)

 

ソウルでファンドマネージャーとして働くソグは妻と

別居中で、まだ幼い一人娘のスアンと暮らしていた。

 

スアンは誕生日にプサンにいる母親に1人で会いに

行くと言い出したため、

ソグは仕方なく娘をプサンまで送り届ける事にした。

 

ソウルを出発してプサンに向かう高速鉄道KTXに乗車した

2人だったが、直前にソウル駅周辺で不審な騒ぎが起こっていた。

 

 

そして2人の乗ったKTXにも、謎のウィルスに感染した

1人の女が転がり込んでいた。

 

その女がゾンビ化して、列車の乗務員を襲い

そこから、次々と乗客たちがゾンビになっていく。

 

 

ソグ親子の他、妊婦と夫、野球部の高校生たち、

身勝手な中年サラリーマンなど、様々な乗客たちが、

極限状態の中で、生き残りをかけて決死の戦いに挑み、

それぞれの人間ドラマが描かれます。

 

「新感染ファイナル・エクスプレス」の感想

 

この種の映画は、たくさん作られていますが、

本作は狭い列車の中での戦いという点が

恐怖を煽っていて面白いと思います。

 

ただ、このゾンビの発生理由が

「○○会社」だけとしか語られていません。

 

これはゲームの名作「バイオハード」の中で

アンブレラ社がゾンビウイルスの研究をしていて

そのウイルスが漏れたというストーリーを

そのまま使っているのでしょう。

 

暗黙の了解でどこかの会社がウイルスを

漏らしてしまったという内容で勝手に話を進めています。

 

やはり、どこどこの会社が○○のウイルスを研究していて、

それが××のために広がってしまったと、

キチンと説明する必要があると思うのです。

 

また、ウイルスの感染によって人がゾンビ化するのですから、

感染してから発病まで数時間必要なのでは?

 

アメリカの『ワールド・ウォー・Z』は噛まれてから

十数秒でゾンビ化(そんなバカな・・・)。

 

日本の『アイアムアヒーロー』は噛まれてから

数分でゾンビ化(作中はゾンビではなくゾキュンでしたが)

になってしまいます。

 

そして、本作は噛まれてから1分くらい。

 

ウイルスに感染してから、発病までの時間を

もっと考えて作って欲しいですね。

 

ちなみに、「バイオハード」のゲーム版では噛まれてから

数時間でゾンビ化していますし(映画版は忘れました)

昔のアメリカ映画の『ゾンビ』は噛まれてから

数日でゾンビ化しています。

 

ウイルスの感染でゾンビ化するのですから、

『バイオハード』や『ゾンビ』が正統な考えだと思うのです。

 

評価 ★★★☆☆ (3/5)

 

ストーリーは良いのですが

何故、ゾンビが発生したのか説明不足である点と

ゾンビになる時間を考えて欲しかったので

評価は「3」にしました。

 

「新感染ファイナル・エクスプレス」は

下から無料で視聴できますのでどうぞ!