未分類

映画「サイレント・トーキョー」の感想、ストーリーがイマイチ!

 

「サイレント・トーキョー」についてまとめます。

 

 

2020年制作  日本映画

上映時間:99分

配給:東映




「サイレント・トーキョー」解説

 

「アンフェア」シリーズなど手がけた秦建日子が

ジョン・レノンとオノ・ヨーコの楽曲

「Happy Xmas(War Is Over)」にインスパイアされて

執筆した小説「サイレント・トーキョー And so this is Xmas」を

映画化したサスペンスです。

 

作品の最後の方で、この「War Is Over」が重要な言葉に

なってきます。

 

 

「サイレント・トーキョー」のあらすじ

 

クリスマスイブの日。

 

恵比寿のビルに爆弾を仕掛けたという電話が

テレビ局に入った。

 

半信半疑で中継に向かったテレビ局の契約社員と

買い物に来ていた主婦は、騒ぎのさなか爆破事件の

犯人に仕立て上げられてしまう。

 

 

その様子を謎の男が静かに見つめていた。

 

そして、新たに犯行予告が動画サイトにアップされる。

 

次の標的は渋谷駅のハチ公前だった。

 

 

「テレビ生放送での首相との対談」を要求し

受け入れられない場合、午後6時に爆弾が爆発する。

 

どこかで見ている犯人、犯行を止めようと奔走する警官、

爆破予告にお祭り気分な野次馬たちが、

それぞれの想いで、渋谷のスクランブル交差点に集結。

そして街に閃光が走る。

 

 

その時、人々が見るものは・・・

 

キャスト

 

佐藤浩市

石田ゆり子

西島秀俊

中村倫也

広瀬アリス

井之脇海

勝地涼   他

 

「サイレント・トーキョー」の感想

 

この作品の凄いというか、感心したところは

1つだけです。

 

「渋谷のスクランブル交差点」ですね。

 

このセットを栃木県の足利市に作ったらしいですが、

全く、本当の渋谷のスクランブル交差点にしか

見えませんでした。

 

そこが、爆発するのですから、とても見応えのある映像

と言えます。

 

ただ、ストーリーが陳腐ですね。

 

犯人がテロを起こす動機が弱すぎます。

 

夫が戦場に行って傷ついて帰って来たというだけで

日本の生温さを何とかしたいというのがちょっと・・・

 

また、本作の主演の佐藤浩市の人物像が全く分かりません。

 

「この人は誰?」という疑問を持ったまま

終わってしまいました。

 

推測するに、

中村倫也が演じるIT起業家の父親らしいという事。

 

この佐藤浩市の演じる謎の男はテロの犯人でもないし、

何故、犯人と知り合いなのか?、

何故、犯人に協力しているのか?

この辺りが全く語られないまま終わっています。

 

どう考えても、この作品には

佐藤浩市と中村倫也の演じた人物は必要ないと

思えるのですが・・・

 

分からない事が多かったので

ストレスの残った作品でした。

 

評価 ★★☆☆☆ (2/5)

 

評価は「1」かと思いましたが、

渋谷のスクランブル交差点の再現度が素晴らしいので

「2」にしました。