未分類

「スマホを落としただけなのに」解説とあらすじ・感想

 

こんにちは、ブログ管理人です。

 

今回、紹介するのは

「スマホを落としただけなのに」で、

2018年11月に公開された映画です。

 

そこで、この

「スマホを落としただけなのに」

の内容についてまとめてみたいと思います。

 

ネタバレの内容も多少含みますので、

あらすじなどを知りたくない場合は

その箇所を飛ばして読んで下さい!

 

解説

 

この作品は志駕晃の原作で、2016年の第15回

『このミステリーがすごい!』大賞で、

最終候補に残りましたが、惜しくも落選しています。

 

しかし隠し玉(編集部推薦)として、

加筆修正を加えた後に

2017年4月に宝島社文庫より刊行されました。

 

その後、2018年11月2日に、

中田秀夫監督、北川景子主演で実写映画化されたのです。

 

恋人がスマートフォンを紛失した事で、

事件に巻き込まれる派遣社員の姿を描く内容です。

 

さらに、続編となる

『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』

2018年11月6日に発売となり、

2020年2月21日に、

中田秀夫監督、千葉雄大主演で実写映画が

公開予定となっています。

 

あらすじ

 

派遣社員・稲葉麻美(北川景子)の恋人である富田誠が、

タクシーの中でスマートフォンを落としてしまいます。

 

そして、そのスマホを

ある男(事件の犯人)に拾われてしまうのです。

 

そのスマホを拾った男は

待ち受け画像の稲葉麻美の美しさに興味を持ちます。

 

その事を知らずに恋人に電話をかけた稲葉麻美は、

「あなたが稲葉麻美さんだって事は、分かりますよ」と

見知らぬ男から電話越しに言われ、絶句するのでした。

 

そして、稲葉麻美は

スマホをなくした恋人の富田誠の代わりに、

スマホを返してもらうために

男と自由が丘で待ち合わせをしますが、

男は現れずにスマホだけが返ってきます。

 

拾い主の男から恋人のスマホを受け取りホッとする

稲葉麻美でしたが、

その日から彼女の周囲で不穏な出来事が

起こり始めるのでした。

 

同じ頃、

山中で身元不明の女性の遺体が次々と発見され・・・

 

ラストで、判明する犯人は予想外の人物です。

 

また、 稲葉麻美の意外な正体が分かり、驚かされます。

 

つまり、この映画「スマホを落としただけなのに」は

最後に稲葉麻美の意外な正体が分かるという

ドンデン返しがあるのです。

出演

 

北川景子(稲葉麻美)

田中圭 (富田誠)

千葉雄大

バカリズム

要 潤       他

感想

 

あくまでも、私個人の感想です。

 

評価としては

5段階の「4」くらいだと思います。

 

サスペンスとしては

引き込まれる内容になっていますし、

最後の主人公の正体にも驚かされます。

 

私は、

犯人が誰なのか途中で分かってしまったので

評価は満点にしませんでした。

 

でも、観る価値は十分にある作品です。

 

続編の

『スマホを落としただけなのに 囚われの殺人鬼』

2月21日から公開されますが、

1作目と同様に面白そうです!