未分類

映画「記憶にございません!」解説と内容・感想まとめ

 

「記憶にございません!」についてまとめます。

 

記憶にございません!

 

2019年製作  日本映画

上映時間:127分

配給:東宝




「記憶にございません!」解説

 

三谷幸喜の長編映画監督8作目の作品であり、

フジテレビ開局60周年記念作品です。

 

記憶をなくした総理大臣が主人公の、政界コメディ作品に

なっていて、史上最低の支持率を叩き出した総理大臣を

中井貴一が演じるほか、ディーン・フジオカ、

石田ゆり子、草刈正雄、佐藤浩市らの豪華キャストが

顔をそろえた作品となっています。




「記憶にございません!」の内容(あらすじ)

 

ある日、1人の男が東京都内の病院のベッドで目覚めた。

 

しかし、一切の記憶を失っていたため、自分が何故

病院にいるのか分からなかった。

 

男は、こっそり病院を抜け出し街をさまよっていた。

 

そして、テレビを観た瞬間、

そこに自分が映っている事に気づいた。

 

演説の最中に、傍聴していた一般人から投石を頭に

受けてしまい、倒れてしまった内閣総理大臣の

黒田啓介が自分である事に衝撃を受けるのだった。

 

記憶にございません!

 

しかも、国会における討論での暴言等が原因で相当な

「嫌われ者の総理大臣」であるという更なる事実を

知る事になった。

 

記憶喪失になってしまった黒田は秘書官を名乗る者たちに

「お迎えにあがりました、総理」と言われ

総理大臣官邸に連れ戻された。

 

そして、自分が記憶喪失の状態にある事は

トップシークレット、すなわち最高機密であると

告げられた。

 

彼は国会議員になってから現在に至るまでの一切の

記憶を失ってしまったために、自分が進めていたであろう

政策や国会議事堂の場所、さらに自分の家族である

妻や子供の名前すら思い出せなくなっていた。

 

記憶にございません!

 

しかも、最愛の妻は総理秘書官と不倫にあるらしく、

一人息子も悪い方向に進んでしまっているような

雰囲気を漂わせている。

 

そんな混乱の最中になんとアメリカ合衆国大統領が

来日し、日米首脳会談に臨む事になった。

 

記憶にございません!

 

その後、黒田は今までの態度を改めて

本当に国民のための政治をしようと働くのだった。

 

 

キャスト

 

黒田啓介:中井貴一

首相秘書官・井坂:ディーン・フジオカ

啓介の妻・聡子:石田ゆり子

事務秘書官・番場のぞみ:小池栄子

官邸料理人・寿賀さん:斉藤由貴

野党第二党の党首・山西あかね:吉田羊

職務熱心な警察官・大関平太郎: 田中圭

中年大工・南条実:寺島進

啓介の息子・黒田篤彦:濱田龍臣

アメリカ大統領:木村佳乃

内閣官房長官・鶴丸大悟演:草刈正雄

フリーライター・古郡祐:佐藤浩市

 

作品の感想

 

総理大臣が記憶喪失で何もかも忘れてしまう。

 

しかし、案外それでも何とかなってしまっているのが

面白いです。

 

記憶があろうがなかろうが、この国のトップは

誰がやっても同じなのかも知れないですね。

 

しかし、物語の後半は、真面目に政治に励む姿が

描かれていて、それなりに感動しました。

 

さすが三谷幸喜です。

 

彼の演出作品はどれも面白いですね。

 

評価 ★★★★ (4/5)

 

「記憶にございません!」は

下から視聴できますのでどうぞ!