未分類

映画「凶悪」解説と内容・感想まとめ

 

「凶悪」についてまとめます。

 

 

2013年製作  日本映画  R15+指定

上映時間:128分

配給:日活




解説

 

ノンフィクションベストセラー小説

『凶悪 -ある死刑囚の告発-』を原作とした

社会派サスペンス・エンターテインメント映画です。

 

白石和彌監督の初の長編作品でもあります。

 

原作は、1999年に実際に起きた凶悪殺人事件

「上申書殺人事件」を基に、獄中の死刑囚が告発した

殺人事件の真相を新潮45編集部が暴き、

首謀者逮捕に至るまでを描いた犯罪ドキュメントです。

 

2009年の文庫化で10万部を超える

ベストセラーとなった他、2011年12月には

フジテレビ系バラエティ番組

『奇跡体験!アンビリバボー』で紹介されました。

 

ジャーナリストとしての使命感と狂気の間で揺れ動く

藤井役を山田孝之、死刑囚・須藤をピエール瀧が演じ、

「先生」と呼ばれる不動産ブローカー役で

リリー・フランキーが初の悪役に挑みます。

 

作品の内容(あらすじ)

 

取材のため東京拘置所でヤクザの死刑囚・須藤と

面会した雑誌ジャーナリストの藤井は、

須藤が死刑判決を受けた事件のほかに、3つの殺人に

関与しており、そのすべてに「先生」と呼ばれる

首謀者がいるという告白を受ける。

 

 

須藤は「先生」がのうのうと生きていることが許せず、

藤井に「先生」の存在を記事にして世に暴くよう依頼。

 

 

藤井が調査を進めると、やがて恐るべき凶悪事件の

真相が明らかになっていく。

キャスト

 

藤井修一(スクープ雑誌の記者):山田孝之

須藤純次(死刑囚、元暴力団組長):ピエール瀧

木村孝雄(先生と呼ばる男):リリー・フランキー

藤井洋子(藤井の妻):池脇千鶴

藤井和子(藤井の母、認知症 ):吉村実子

五十嵐邦之(須藤の舎弟):小林且弥

日野佳政(木村から須藤に託された舎弟):斉藤悠




作品の感想

 

いつの間にか、物語に引き込まれてしまうという

見応えのある内容です。

 

人を殺す事も暴力を振るう事もなんとも思わない

ヤクザのピエール瀧。

 

そのヤクザの裏にいるサイコパスのリリーフランキー。

 

犯罪を許さず犯罪者に罰を与えようとする、記者の山田孝之。

この3人の演技が素晴らしいです。

 

特にリリー・フランキーの悪役は凄みがあり最高でした。

 

映画が進むに連れ、どんどんピエール瀧と

リリーフランキーの凶悪さが暴かれていき、

見る人によっては、とても嫌な映像の場面も

多々あると思います。

 

また、山田孝之が演じる藤井修一は

認知症の母親の介護に背を向け、妻に任せっきりでしたが、

これも考え方によっては悪です。

 

ですから、この作品は3人の悪が

ぶつかり合っている内容だと思います。

 

評価 ★★★★★ (5/5)

 

人を殺すシーンが嫌でなければ、

是非、観て欲しい作品です。

 

「凶悪」は

下から無料で視聴できますのでどうぞ!