未分類

映画「(r)adius ラディウス」解説と内容・感想まとめ

 

「(r)adius ラディウス」についてまとめます。

 

(r)adius ラディウス

 

2017年製作  カナダ映画

上映時間:93分

 

解説

 

原題名は「Radius」で半径という意味になります。

 

数学で半径を「r」と表しますが、それですね。

 

半径15メートル以内に近づいた者を即死させてしまう

男の運命を描いたSFシチュエーションスリラーです。

 

交通事故に遭い記憶を失ったまま目覚めたリアムは、

助けを求めるため近くの町に向かう。

 

しかし目に入るのは住民の死体ばかりで、

ようやく見つけた生存者も、彼が近寄った途端に

死んでしまう。

 

やがてリアムは、自分の半径15メートル以内に

立ち入った者が即死してしまうことに気づく。

 

戸惑うリアムだったが、近づいても死なない女性

ジェーンと出会い、同じく記憶喪失の彼女とともに、

この現象について解き明かそうとします。




作品の内容(あらすじ)

 

交通事故に遭い以前の記憶を失ったリアム。

 

事故現場にて意識を取り戻した彼は、助けを呼ぼうと

通りがかりの車を呼び止めるも、その車は道路を

外れて停車。

 

運転手を見に行くと運転手はすでに絶命していた。

 

救急車を呼ぶ際、ポケットに入っていた免許証で

ようやく自分の名前を知る。

 

まずは近くのドライブレストランへ向かうも、

そこでも客や店員が全員絶命している。

 

(r)adius ラディウス

 

一体、何が起こっているのか分からず、免許証の住所へ帰宅。

 

身綺麗にした後、テレビのニュースで大量殺人が

発生した情報を得る。

 

空気感染か細菌兵器かと疑い、自宅の空気穴を

塞ぎ始めたリアムは、窓の外に農民がいるのを発見。

 

彼はその農民へ必死に家へ帰れとメッセージを送るが、

農民はリアムの家に近づこうとして倒れてしまう。

 

一体、何が起こっているのか。

 

ニュースを聞きながら事の次第を整理し始めた

リアムは、近所で吠える犬が急に静かになったことで、

あることに気付く。

 

彼は実験として、生きているカラスの傍へ近寄ってみた。

 

すると、ある一定の距離に近づいたところで、

カラスが絶命。

 

大量殺人の原因が自分であったことを知るのだった。

 

その後、リアムは人目を避けるために物置小屋へ身を隠す。

 

そんな時、リアムの元へ1人の女性ジェーンが訪ねて来る。

 

彼女はなぜか、リアムに近づいても絶命しない。

 

話を聞くと事故に遭った時、自分の車に

同乗していたらしいが、彼女自身も記憶を失っているという。

 

そして、リアムはジェーンと一緒にいると殺害効果が

消えることに気付いた。

 

2人は次に事故現場へ向かってみることにした。

 

(r)adius ラディウス

 

事故現場は山奥にあったが、その場所には均等な円で

地面が黒ずんでいた。

 

墨になっているわけでもなく、ただ真っ黒なのである。

 

 

直径は15メートル。

 

丁度、リアムが生き物の命を奪う距離だった。

 

彼らは確かにこの場所にいた。

 

リアムは大量の人命を奪ったのは自分だと告白。

 

だが、ジェーンは彼の話を信じずにリアムから

離れようとする。

 

道路へ出たところで警官が話しかけてきたが、

ジェーンはどんどん離れて行く。

 

リアムは焦って彼女を引き止めようとするが結局、

間に合わずに警官は絶命してしまうのだった。

 

それを見てジェーンはリアムが本当に人を殺す力が

ある事を知った。

 

ジェーンと離れればリアムは無差別に人を

殺してしまうのだ。

 

ウッドモア殺人事件と命名された大量殺人事件。

 

知らなかったとは言え、確かにその犯人はリアムである。

 

彼は危険人物として州に認定され、警察から追われる

羽目になった。

 

途方に暮れている時、ジェーンがラジオで事件の

ニュースを耳にする。

 

そこで、リアムの同行者がローズという女性で

既婚者である事、夫が帰還を待っている事が分かった。

 

彼女はリアムと相談して夫の元へ向かうことにした。

 

印刷業を営む夫サムはリアムとジェーンの話を容易に

信じなかったが、証拠を見せて説得した。

 

そして2人は、NASAが公開した映像を目にする。

 

東海岸に何かが飛来したと言うのだ。

 

恐らく2人はあの日、たまたまそれに遭遇したものと

思われた。

 

その後2人は、リアムの持つ湖畔の別荘へ到着。

 

気分を変えるため、散歩へ出かけたリアムは小舟に

乗って湖へ。

 

そこで彼は舟底にシートのリングを発見。

 

彼はそれを何気なく湖へ投げ捨て、自分が過去に行った

恐ろしい記憶を思い出す。

 

その頃、ジェーンは薪を燃やそうとストーブの中を探り、

箱を発見する。

 

彼女はその中に入っていたノートを開き、愕然とした。

 

それは失踪者の殺害を記録したノートだった。

 

中にはジェーンの姉の記録もあり、次のターゲットは

妹のローズ、つまり、ジェーンであった。

 

あの日、ローズを車に乗せたリアムは彼女の意識を

奪うため、注射器を刺そうと車の走行中、

揉み合いとなり、車は横転し交通事故を

起こしていたのだったのだ。

 

外では激しい雨が降っており、車から這い出た2人は

例の場所で15メートルほど距離を取り、

宇宙から飛来した電撃のようなものと遭遇したのである。

 

 

恐らく、あれのせいで2人の間には相互的な関係が

出来上がり、そうして記憶を失ったのだった・・・




作品の感想

 

この映画を観終わった時の素直な感想は

「何じゃこりゃ?!・・・」

というものでした。

 

前半は謎に満ちたストーリー展開で

「どうなって行くんだろう?」と

ワクワクしていたのですが、

話が終盤にさしかかった頃から

内容が急変してしまいます。

 

男は殺人鬼であり女はそのターゲットだったという

お粗末な話。

 

犯人と被害者が記憶が無くなり、一緒に

行動していたなんて・・・

 

さらに、1番の感心事の

「何故男が人を殺す能力を得たのか?」

「何故女が男の力を無力にする能力を得たのか?」

「東海岸に飛来した電撃のようなものは何だったのか?」

が全く語られずに話が終わっているのです。

 

この映画を作った人間の頭の中をのぞいて見たいものです。

 

途中までは本当にスリルとサスペンスを味わえたのに

とても残念な作品でした。

 

こんな映画を作っているようでは

監督は大成しないでしょうね!

 

評価 ☆☆☆☆ (1/5)

(前半の面白さが最後まで続いたら5でした)

 

「(r)adius ラディウス」は

下から無料で視聴できますのでどうぞ!

 

くだらなさを味わってみて下さい。