未分類

映画「来る」解説と内容、感想のまとめ

 

「来る」についてまとめます。

 

 

1018年製作  日本映画

上映時間:134分

配給:東宝




解説

 

第22回日本ホラー小説大賞に輝いた

澤村伊智の小説「ぼぎわんが、来る」を、

『告白』などの中島哲也監督が映画化した作品です。

 

謎の訪問者をきっかけに起こる奇妙な出来事を描く

内容になっています。

 

主演を岡田准一が務めるほか、黒木華、小松菜奈、

松たか子、妻夫木聡など豪華なメンバーが出演しました。

 

作品の前半は妻夫木聡が演じる田原を中心として

話が進みますが、後半は一転して、

岡田准一が演じる野崎が中心となっていきます。

 

作品の内容(あらすじ)

 

オカルトライター野崎のもとに、相談者・田原が訪れた。

 

最近身の回りで超常現象としか言いようのない怪異な

出来事が相次いで起きているという。

 

 

田原は、妻・香奈と幼い一人娘・知紗に危害が

及ぶことを恐れていた。

 

野崎は、霊媒師の血を引くキャバ嬢・真琴とともに

調査を始めるのだが、田原家に憑いている「何か」は、

想像をはるかに超えて強力なモノだった。

 

 

民俗学者・津田によると、その「何か」とは、

田原の故郷の民間伝承に由来する化け物「■■■■」

ではないかと言う。

 

対抗策を探す野崎と真琴。

 

だが、どんどんエスカレートする霊的攻撃に、

死傷者が続出しはじめた。

 

 

真琴の姉で日本最強の霊媒師・琴子の呼びかけで、

日本中の霊媒師が田原家に集結し、かつてない規模の

「祓いの儀式」が始まろうとしていた。

 

彼らは、『あれ』を止めることが出来るのか?

 

 

キャスト

 

野崎和浩:岡田准一

田原秀樹:妻夫木聡

田原香奈:黒木華

比嘉真琴:小松菜奈

逢坂セツ子:柴田理恵

田原知紗:志田愛珠

比嘉琴子:松たか子




作品の感想

 

全体的に面白い作品だと思います。

 

『あれ』の姿・形を最後まで見せなかった作り方は

良いと思います。

 

反面、疑問だらけの内容でもあります。

 

作品の中では、人間を次々に殺してしまう『あれ』の

名前をハッキリと語っていませんが、

原作から考えて「ぼぎわん」なんだと思います。

 

そして作品中に、

『あれ』はどこからやって来て

何故、田原を襲うのか?

何故、田原の周りの人間を襲うのか?

などの疑問が解決されていません。

 

また『あれ』の正体が明らかにされる事もありません。

 

田原の少年時代の回想に登場する少女の描写などが

少し出てくるだけで、その重要な部分がかなり曖昧に

描かれてしまっているのが残念です。

 

さらに、最後は『あれ』を退治できたのか、

それとも人間が負けたのかが分かりませんでした。

 

これら、『あれ』に関しての疑問が多すぎて

かなりモヤモヤした気持ちが残る内容です。

 

あと、『あれ』との最後の戦いで

警察までもが戦いに応援していましたが、

国がオカルト的な事を信じて動くなんて

あり得ません。

 

この辺の設定が納得できませんね。

 

しかし、本作の脇役で最も記憶に残るのは、

何と言っても霊能者・逢坂セツ子を演じた柴田理恵の

異常なカッコ良さですね。

 

映画の終盤で見せる、最終決戦にも参戦する姿が

とても良かったです。

 

 

評価 ★★★☆☆ (3/5)

 

『あれ』の情報が少なすぎて正体が分からず

低い評価になりました。