未分類

映画「イニシエーション・ラブ」解説、無料で観る方法

 

「イニシエーション・ラブ」についてまとめます。

 

イニシエーション・ラブ

 

2015年製作  日本映画

上映時間:110分

配給:東宝




解説

 

原作について

原作は、乾くるみの恋愛小説です。

 

しかし、内容は恋愛小説ですが、本編に

仕掛けられているどんでん返しにより一部では

ミステリーとも言われています。

 

そして、第58回日本推理作家協会賞長編及び

連作短編集部門候補作となったほか、

2005年版の本格ミステリ・ベスト10で

第6位にランクインしている小説です。

 

最後の2行に仕掛けられたどんでん返しが評判を呼び、

発表から10年以上を経て130万部を超える

ベストセラーになった話題作となっています。

 

ちなみに、「イニシエーション・ラブ」とは、

『通過儀礼』という意味になります。

 

子供から大人になるための儀式で、

初めての恋愛とはそんなものであるという事です。

 

初めての恋愛では、「この人しかいない絶対」と

思うかも知れないのですが、

絶対はないという事が、分かる時が来ます。

 

それが分かるようになって、

初めて大人になるという事で、

それを分からせてくれる恋愛という意味ですね。

 

映画について

松田翔太と前田敦子の共演で映画化されました。

 

1980年代後半の静岡を舞台に、

奥手で恋愛経験のない大学生・鈴木が、

合コンで知り合った女性マユとの日々を通して

変化していく姿を描く「Side-A」

 

就職先の会社で東京本社に転勤することになった

鈴木がマユを置いて上京し、本社の同僚・美弥子との

出会いで心が揺れる「Side-B」

 

この2つの物語が並行しながらストーリーが

進んで行きますが、

エンディングは原作とは異なっています。

 

劇中、1980年代の人気車種、

トヨタのスターレットで鈴木が走り回るシーンが

話題にもなりました。




作品の内容(あらすじ)

 

<Side-A>

1980年代後半、バブル最盛期の静岡。

 

就職活動中の大学生・鈴木は、友人に誘われ

気乗りしないまま、合コンに参加。

 

しかし、その席で、歯科助手のマユと運命的な

出会いを果たす。

 

奥手で恋愛経験がなかった鈴木だが、

マユと出会って変わっていく。

 

流行りのヘアスタイル、オシャレな洋服、

マユに釣り合う男性になろうと

自分を磨く鈴木だったが・・・。

 

<Side-B>

2人だけの甘い時間も束の間、就職した鈴木は

東京本社へ転勤となり、静岡にマユを置いて

上京する事に。

イニシエーション・ラブ

それでも距離は2人の愛にとって障害にならないと、

週末ごとに東京と静岡を行き来する鈴木。

 

イニシエーション・ラブ

 

しかし、東京本社の同僚・美弥子との出会いを経て、

心が揺れ始める・・・。

 

 

キャスト

 

鈴木:松田翔太

成岡繭子(マユ):前田敦子

石丸美弥子:木村文乃

海藤:三浦貴大

 

作品の感想

 

ストーリーはそれなりに面白いと思いました。

 

話のコアになるので詳しく書けませんが、

最初は鈴木(松田翔太)は酷い奴という印象で話が

進みますが、

マユ(前田敦子)もなかなかの女性だという事が

最後に分かります。

 

そして、この映画は『時間』が鍵になっているという

事だけをネタバレとします。

 

松田翔太や木村文乃の演技は良いのですが、

前田敦子の演技が下手なのが残念な作品です。

 

また、この映画の宣伝文句は

『最後の5分全てが覆る』

『あなたは必ず2回観る』です。

 

確かに、「ああ、なるほど」と最後に思います。

 

でも、2回観るまでの事はないと感じました。

 

評価  ★★★☆☆  (3/5)

 

「イニシエーション・ラブ」は

下から無料で視聴できますのでどうぞ!