未分類

映画「柘榴坂の仇討」解説と内容

 

「柘榴坂の仇討」についてまとめます。

 

 

2014年製作 日本映画

上映時間:119分

配給:松竹




解説

 

作家の浅田次郎が2004年に発表した短編集

「五郎治殿御始末」に収められている一編を、

中井貴一の主演で映画化した作品です。

 

幕末の安政7年、主君・井伊直弼の

御駕籠回り近習役として仕えていた彦根藩士の

志村金吾は、桜田門外において目の前で井伊の殺害を

許してしまいます。

 

切腹も許されず、仇討ちを命じられた金吾は、

時が明治へと移り変わってもなお、井伊を殺害した

刺客を探し続けるのです。

 

やがて金吾は、井伊を討った水戸藩浪士の最後の

1人で、車引きの直吉と名を変えて生きていた

佐橋十兵衛を見つけ出すが、その日、明治政府が

仇討ち禁止令を発するのです。

 

金吾が追い続けた水戸藩浪士・十兵衛を、

阿部寛が演じたました。

 

作品の内容

 

彦根藩の下級武士・志村金吾は、家中随一の剣術の腕を

認められ、藩主である大老・井伊直弼の近習に

取り立てられる。

 

直弼の人柄に惚れ込んだ金吾は、命に代えても直弼に

仕えることを誓った。

 

しかし、安政7年の桜田騒動の際、金吾は

下手人・佐橋十兵衛を追いかけ行列を離れてしまい、

その間に直弼は水戸浪士たちに討ち取られてしまった。

 

主君を守れなかった大罪を犯した金吾に対し、彦根藩は

打ち首の処罰を考えたが、金吾の罪を背負い自害した

両親に免じて打ち首を取り下げ、その代わりとして

「水戸浪士たちを討ち、直弼様の墓前に首を供えよ」と命じる。

 

仇を探し全国を歩き回る金吾だったが、水戸浪士たちは

見つからず、金吾は切腹を願い出るが

「ご下命の撤回はない」と家老に言い渡される。

 

失意に沈む金吾だったが、妻のセツに支えられ

仇討のため水戸浪士たちを探し続けた。

 

桜田騒動から13年が過ぎた明治6年、

既に彦根藩は存在せず、新政府の改革により武士も

姿を消していた。

 

しかし、金吾は13年前の命令を果たすため、

ひたすら仇を探し続けていた。

 

桜田騒動に関わった水戸浪士たちも江戸から明治へと

時代が移る中で次々と死んでいき、

唯一人生き残っていたのは、金吾がかつて追い詰めた

十兵衛だけとなっていた。

 

その十兵衛は既に刀を捨て、

「直吉」と名を変え車夫として生きていた。

 

司法省の役人となっていた金吾の親友・内藤新之助は、

武士としての気持ちを持ち続ける金吾の姿を見て

力になりたいと思い、かつて水戸浪士たちの

取り調べを担当した元評定所御留役の秋元和衛警部に

相談を持ち掛ける。

 

同じ武士として金吾の助力を快諾した秋元は、

金吾に十兵衛の居場所を教える。

 

金吾は即座に十兵衛のところへ行くが、その日、

新政府は「仇討禁止令」を布告した。

 

十兵衛の人力車に乗り込んだ金吾は、十兵衛が

自分と同じように両親を失い孤独に生きてきた事を知る。

 

 

人力車が柘榴坂を登り切ったところで

十兵衛は車を止め、「自分を討ってくれ」と願い出た。

 

金吾は自分の刀を与え、十兵衛に一騎討ちを願い出た。

 

金吾と十兵衛は一騎討ちの末にもみ合いになり

倒れ込み、十兵衛は再度自分を討つように願い出る。

 

 

十兵衛を討とうとする金吾だったが、「命懸けで国を

想う者を無下にするな」という直弼の言葉と

「国を想う者に不当な処罰を与えれば、誰も国を

想わなくなる」という秋元の言葉を思い出し、

十兵衛に「新しい人生を生きてくれ」と諭し、

十兵衛はその言葉を聞き泣き崩れる。

 

一騎討ちの後、十兵衛は自分を慕ってくれている

マサとチヨの母子の元に戻った。

 

一方の金吾はセツの元に向かい、これまで自分を

支えてくれたことに感謝の言葉を伝え、

共に家路につくのだった。

 




キャスト

 

中井貴一

阿部寛

広末涼子

中村吉右衛門

真飛聖

など

 

作品の感想

 

金吾は切腹も許されず、苦しみながら生きていきます。

 

また、井伊を討った刺客達が次々と死んでいく中、

1人残った十兵衛も苦しみながら生きていきます。

 

幕末から明治へと移り変わる時代背景の中、

2人にはそれぞれ大義があり、どちらも間違っては

いません。

 

そんな不器用な2人の男の生き様が見事に描かれた

作品と言えるでしょう。

 

素晴らしい内容だと思います。

 

評価 ★★★★★ ( 5/5 )

 

是非、観てみて下さいね。