未分類

映画「予告犯」の解説と内容、感想

 

「予告犯」についてまとめます。

 

 

2015年製作  日本映画

上映時間:119分

配給:東宝




解説

 

『ジャンプ改』で2011年から2013年にかけて

連載されて人気を博した筒井哲也のコミックを

実写化したサスペンスです。

 

法では裁けない悪や罪をネット上で暴露し、

その対象への制裁を予告しては実行する謎の予告犯

『シンブンシ』とエリート捜査官の攻防が展開します。

 

監督は「ゴールデンスランバー」「白ゆき姫殺人事件」

などの中村義洋で、生田斗真が新聞紙の頭巾を被った

異様な主人公を快演しました。

 

そして、その脇を戸田恵梨香、鈴木亮平、濱田岳、

荒川良々ら実力派が固めています。

 

息詰まるタッチに加え、社会の様々な闇に光を当てる

硬派な視点にも注目できます。




作品の内容(あらすじ)

 

ある日、事件は唐突に始まった。

 

 

Tシャツ姿に新聞紙の頭巾を被り、ネット上に現れた

『シンブンシ』と名乗る謎の男は奇妙な動画を

投稿し始める。

 

「明日の予告をおしえてやるー」

 

集団食中毒を起こした上に、法律上の不備を指摘し

開き直った食品加工会社に対し、

「食い物の扱いも知らないこいつらに、俺がきっちり

火を通してやる」と予告。

 

警視庁サイバー犯罪対策課に所属する

キャリア捜査官・吉野絵里香は近年多発する

サイバー犯罪の数々を取り締まっていた。

 

謎の男による犯行予告動画の存在に関する報告を受けた

吉野は謎の予告犯『シンブンシ』の捜査に乗り出す。

 

すると食品加工会社の工場が放火される事件が発生。

 

予告動画が現実のものとなり、その後も予告動画の

内容が実行されるという事件が多発する。

 

『シンブンシ』は吉野をあざ笑うかのように、

ネット社会で炎上した無思慮な当事者たちに次々と

制裁を下していく。

 

そして、『シンブンシ』は1人ではなく、

実は4人の犯行なのであった。

 

 

模倣犯も出現、遂には政治家殺害予告にまで

至り、『シンブンシ事件』は社会現象へと発展してく。

 

しかし、『シンブンシ』一味の真の目的は

意外なものであり、その結末に驚かされるのだった。

 

「予告犯」の予告動画です

キャスト

 

奥田宏明(ゲイツ):生田斗真

吉野絵里香:戸田恵梨香

葛西智彦(カンサイ):鈴木亮平

木村浩一(ノビタ):濱田岳

寺原慎一(メタボ):荒川良々

岡本大毅:宅間孝行

市川学:坂口健太郎

青山祐一:窪田正孝

楓:小松菜奈                             など

 

 

作品の感想

 

作品の終盤になると、

4人の犯行の真の目的は意外な内容である事が分かり、

とても面白いスストーリーだと思いました。

 

また、この映画は現在の日本が抱えている問題を

鋭く追求していると思います。

 

現在の日本はやり直しが出来にくい状態です。

何かの理由でドロップアウトした者が、

再び元のレールに戻る事が難しく、そんな人々の

苦しさをきちんと表現しています。

 

劇中、吉野捜査官がシンブンシに

「甘えるんじゃないわよ!」

と怒鳴ります。

 

これに対してシンブンシは

「あなたには分からない」

と自分の苦しい立場について言い返します。

 

この2人のやり取りが、特に印象的でした。

 

確かに、捜査官のいう事は分かります。

社会に不満を持っているからといって、

世間に迷惑をかけるのはいけない事です。

 

しかし、世の中にはどんなに頑張っても、

もがいてももがいても、上昇できない人間がいるのです。

 

シンブンシのいう事も正しいのです。

この様に、日本の問題点を描いている点が

良かったと思い、評価は満点にしました。

 

評価 ★★★★★ (5/5)

 

この作品はオススメです。

 

是非、観て下さいね!