未分類

映画「コンフィデンスマンJP(ロマンス編)」の解説

 

「コンフィデンスマンJP(ロマンス編)」

についてまとめます。

 

 

2019年製作 日本映画

上映時間:116分

配給:東宝




解説

 

長澤まさみ、東出昌大、小日向文世が共演した

人気テレビドラマ「コンフィデンスマンJP」の

劇場版です。

 

天才的な知能を持つが詰めの甘いダー子と、

彼女に振り回されてばかりのお人よしなボクちゃん、

百戦錬磨のベテラン詐欺師のリチャードの3人の

信用詐欺師は、香港マフィアの女帝ラン・リウが

持つと言われる伝説のパープルダイヤを狙い、

香港へ飛びます。

 

3人がラン・リウに取り入るべく様々な策を講じる中、

天才詐欺師ジェシーも彼女を狙っていることが判明。

 

さらに以前ダー子たちに騙された日本のヤクザ・赤星の

影もちらつきはじめ、事態は予測不可能な方向へ

展開していきます。

 

テレビドラマ版でおなじみのキャストが

再結集するほか、ラン役を竹内結子、

ジェシー役を三浦春馬、赤星役を江口洋介がそれぞれ

演じました。

 

「コンフィデンスマン」の意味

 

英語のconfidence(コンフィデンス)は、

信用、信頼、信用、自信、大胆さ、確信

などの意味があります。

 

そしてconfidenceには「(何かが)正しいという思い、

信頼できるという思い」という意味があるのです。

 

これは、ある程度の時間をかけて、その人をだんだんと

信用してゆく、という意味合いがあり、

逆に「直感的に信用する」ことにはtrustを使います。

 

さらにconfidence game(コンフィデンス・ゲーム)、

略して「con gameコンゲーム」と呼ばれる言葉があり、

  「ギャンブルなどで不正をする」

  「価値が無いものを、さも価値があるように説得して

    人に購入させる」

などの意味があります。

 

よって

con gameコンゲームによって

「人から金銭をだまし取る詐欺をする人(man)」

            ↓

confidence man「コンフィデンス・マン」=「詐欺師」

という意味になります。




作品の内容(あらすじ)

 

詐欺師のダー子(長澤まさみ)、ボクちゃん(東出昌大)、

リチャード(小日向文世)は、欲にまみれた者たちから

大金をだまし取ってきた。

 

香港の裏社会を牛耳る女帝ラン・リウ(竹内結子)を

新たなターゲットに定めた三人は、

彼女が持っているはずのパープルダイヤを奪うために

香港に行く。

 

 

しかし、なかなかランに近づけずに苦戦する中、

天才詐欺師のジェシー(三浦春馬)が同じく

彼女を狙っていることがわかり、

さらにダー子に恨みを抱くヤクザの赤星栄介(江口洋介)

が不穏な動きを見せる。

 

 


 

キャスト

 

ダー子:長澤まさみ

ボクちゃん:東出昌大

五十嵐:小手伸也

リチャード:小日向文世

モナコ:織田梨沙

ちょび髭:瀧川英次

 

作品の感想

 

飽きずに最後まで観る事ができました。

 

ストーリー展開も速く、面白いと思います。

 

ただ、コメディといえ、

オーバーなコミカルシーンが多く、ちょっと引きます。

 

また、いくら詐欺でも、あそこまで大がかりな仕掛けは

不可能だと思いました。

 

あと、オープニングのタイトルコールの中で

長澤まさみが「芸能界のおしどり夫婦は本当は

ビジネスではないのか」という台詞の後に、

東出昌大が「運命の赤い糸はあるのか」と

続けるシーンがあります。

 

これには笑いましたね。

 

評価 ★★★☆☆(3/5)