未分類

映画「残穢(ざんえ)」内容と解説、無料で観る方法

 

「残穢 住んではいけない部屋」についてまとめます。

 

 

2016年製作 日本映画

上映時間:107分

配給:松竹




解説

 

「屍鬼」などで知られるベストセラー作家・小野不由美の

本格ホラー小説「残穢」を、『予告犯』などの

中村義洋監督が映画化した作品です。

 

読者の女子大生から

「今住んでいる部屋で、奇妙な音がする」という

手紙を受け取ったミステリー小説家が、

2人で異変を調査するうちに驚くべき真実が

浮かび上がってくるさまを描きます。

 

原作では実在のミステリー作家らが登場して

リアリティを高めていますが、映画では

それらが架空の人物に変えられています。

 

自分の住んでいる土地には、過去に忌まわしい出来事や

陰惨な事件があったのではないのか・・・?

誰もが漠然と感じている疑問に

冷ややかな答えを出すのが、この恐怖映画の役割です。

 

マンションに起こる怪異を探るうちに、

元凶が「穢れ(けがれ)」という死者の怨念にあり、

それが感染拡大していくという展開は、

いわゆる「リング」や「呪怨」を筆頭とするJホラーの

系譜にあるものです。

 

しかし本作はJホラー的なショック演出を極力排し、

ゾッとするような状況設定と観る者の想像力で

恐怖を増幅させていきます。

 

作品の内容(あらすじ)

 

ミステリー小説家の「私」に、

読者である女子大生の久保さんから届いた一通の手紙。

 

その手紙には

「住んでいる部屋で奇妙な音がする」

と書かれていて、

好奇心から「私」と久保さんが調査を開始します。

 

 

そこで明らかとなったのは、

その部屋の過去の住人たちが転居先で自殺や無理心中、

殺人などさまざまな事件を引き起こしたという

事実だった。

 

彼らは、なぜその部屋ではなく、

さまざまな別の場所で不幸に遭ったのか。

 

「私」たちは、その事を調べていくうちに、

だんだん過去の出来事へと歴史を遡り始め、そして、

その土地(場所)で起こってきた忌まわしい事件を

知ることになります。

 

 

それらの忌まわしい事件が『穢れ(けがれ)』の

元となっていたのです。

 

そして、ついに「私」たちは穢れの根源にたどり着き、

その正体を知ることになるのです。

 

映画の予告動画です


 




キャスト

 

私:竹内結子

女子大生・久保さん:橋本愛

三澤徹夫:坂口健太郎

直人:滝藤賢一

平岡芳明:佐々木蔵之介

担当編集者・田村さん:山下容莉枝

山本くん:成田凌

奥山家当主:吉澤健

 

作品の感想

 

引っ越してきたばかりのマンションの部屋で、

何かが畳を擦るような音がする・・・。

 

ある女性小説家のもとに寄せられた、怪奇現象を訴える

不思議な読者投稿。

 

そこで小説家が起因を探っていくと、近づいた者に

災いをもたらす「穢(けが)れ」の存在が明らかになる

というストーリーになっています。

 

私はホラー作品が大好きで、

今までに何作も観てきました。

 

しかし、日本のホラー映画はレベルが超低く、

全く怖さを感じませんし、

ストーリーもつまらないモノばかりでした。

 

そして、私が納得していたホラー作品は

「リング」だけだったのです。

(しかし、リングの続編やそれ以降の貞子作品は全て

駄作だと考えています)

 

さて、この「残穢 住んではいけない部屋」は

私にとっては合格する作品です。

 

つまり、「残穢」は私にとって

「リング」に次いで2作目の

まともな日本のホラー作品となったのです。

 

評価 ★★★★★  (5/5  満点)

 

「残穢 住んではいけない部屋」は

下から無料で視聴できますのでどうぞ!