未分類

映画「イミテーション・ゲーム」解説、無料で観る方法

 

「イミテーションゲーム・エニグマと天才数学者の秘密」

についてまとめます。

 

 

2014年製作

イギリス・アメリカ合作映画

配給:ギャガ




解説

 

原題名は「The Imitation Game」です。

 

ベネディクト・カンバーバッチ主演で、

第2次世界大戦時、ドイツ軍が世界に誇った暗号機

『エニグマ』による暗号の解読に成功し、

連合国軍に勝機をもたらしたイギリスの数学者

アラン・チューリングの人生を描いたドラマです。

 

1939年、第2次世界大戦が始まり、イギリスは

ドイツに宣戦を布告。

 

ケンブリッジ大学の特別研究員で、27歳にして

天才数学者と称えられるアラン・チューリングは

英国政府の秘密作戦に参加し、ドイツ軍が誇る

暗号エニグマの解読に挑むことになります。

 

解読チームには6人の精鋭が集められるが、

他人と協調することを嫌うチューリングと

チームメンバーとの間には溝が深まっていきます。

 

その後、アラン・チューリングは

コンピュータの概念を創造し「人工知能の父」と

呼ばれた英雄にもかかわらず、

戦後悲劇の運命をたどった人物です。

 

この作品は

第87回アカデミー賞では作品賞、監督賞、主演男優賞、

助演女優賞など計8部門でノミネートされ、

脚色賞を受賞しています。




作品の内容(あらすじ)

 

第2次世界大戦下の1939年イギリス、

若き天才数学者アラン・チューリング(ベネディクト・

カンバーバッチ)はドイツ軍の暗号エニグマを

解読するチームの一員となる。

 

高慢で不器用な彼は暗号解読をゲーム感覚で捉え、

仲間から孤立して作業に没頭していたが、

やがて理解者が現れその目的は人命を救うことに

変化していく。

 

いつしか一丸となったチームは、

思わぬきっかけでエニグマを解き明かすが・・・

 

予告動画です

 

作品の感想

 

表向きは数学者がナチスの暗号「エニグマ」を

解読しようと奮闘する英国ミステリーです。

 

しかし、伝記、サスペンス、社会派、人間ドラマと

次から次へと内容が変化する作品です。

 

第2次大戦下、ケンブリッジ大学の研究者

アラン・チューリングは誘いを受けて田舎町の

政府施設を訪ねます。

 

そこで託された極秘任務こそ戦争の行方を左右する

暗号解読の仕事でした。

 

本作は軍部やM16などを巻き込みながら

彼が史上最強と謡われた「エニグマ」に挑む過程を

スリリングに描き出すと同時に、

大変な変わり者だったと言われるチューリングの

人物像を深く掘り下げます。

 

実話ですので納得のいくストーリーになっています。

 

ただ少し、単調なストーリー展開がイマイチという

所ですかね。

 

評価 ★★★☆☆ (3/5)

 

「イミテーション・ゲーム」は下から無料で視聴できますのでどうぞ!