未分類

映画「海街diary」解説と内容、無料で視聴する方法

 

「海街diary」についてまとめます。

 

 

2015年製作

日本映画

配給:東宝、ギャガ

上映時間:126分




解説

 

国際的にも高い評価を受ける是枝裕和監督

第11回文化庁メディア芸術祭マンガ部門優秀賞や

マンガ大賞2013を受賞した

吉田秋生のコミックを実写化したドラマです。

 

鎌倉に暮らす3姉妹と、

15年前に家を出て行った父親が他の女性ともうけた

異母妹が共同生活を送る中、

様々な出来事を経て家族の絆を深めていきます。

 

また、

舞台となる鎌倉の四季の美しさも見どころの1つです。

 

主人公の姉妹を演じるのは、綾瀬はるか長澤まさみ

夏帆広瀬すずです。

 

第68回カンヌ国際映画祭コンペティション部門に

出品され、第39回日本アカデミー賞では

最優秀作品賞や最優秀監督賞など4冠に輝きました。




作品の内容(あらすじ)

 

鎌倉に暮らす長女・幸、次女・佳乃、三女・千佳の

香田家3姉妹のもとに、15年前に家を出ていった

父の訃報が届く。

 

葬儀に出席するため山形へ赴いた3人は、

そこで異母妹となる14歳の少女すずと対面。

 

 

父が亡くなり身寄りのいなくなってしまったすずだが、

葬儀の場でも毅然と立ち振る舞っていた。

 

そんな彼女の姿を見た幸は、すずに鎌倉で一緒に

暮らそうと提案する。

 

その申し出を受けたすずは、香田家の四女として、

鎌倉で新たな生活を始めるのだった。

 

 

そして、4人と4人を取り巻く人々との何げない

生活が進んでいきます。

 

 

 

予告動画です

 

キャスト

 

香田 幸:綾瀬はるか

香田佳乃:長澤まさみ

香田千佳:夏帆

浅野すず:広瀬すず

リリー・フランキー、風吹ジュン、樹木希林など

 

作品の感想

 

作品の全体的な感想としては、

それほどの波乱もなく、落ち着いて

ストーリーを楽しめる内容になっています。

 

綾瀬はるか、長澤まさみ、夏帆、広瀬すず、

この4人が並び立つだけでスクリーンが華やぎますね。

 

昨今の日本映画ではなかなかお目にかかれない

美のそろい踏みだと思います。

 

また、広瀬すずが初々しいくて可愛いです。

 

そして父親に続いて家を離れ、祖母の七回忌に

突然現れた3人の母(大竹しのぶ)との再会によって

幸は積年の思いを氷解させ、

すずもまた不倫相手の娘という苦渋を吐露します。

 

それぞれの心の移ろいを、

みずみずしい風景に溶け込ませるように静かに、

少しずつだが確実に積み重ねていきます。

 

幸は、すずを父親との思い出の詰まった高台に

連れて行くのですが、

そこで初めて互いの気持ちを受け入れ合って見せる

心からの笑顔は実にすがすがしいです。

 

その過程においては、男運は悪いが常に前向きで

明るい佳乃、ひょうひょうとしているようで

冷静に状況を好転させていく千佳の存在も

絶妙な『隠し味』となって姉妹のきずなを

つないでいる感じですね。

 

人が生きること、死ぬことと真摯に向き合い続ける

是枝監督が、生きづらさを乗り越えた先にある光を

照射した人間賛歌で、

全編が優しさに満ちあふれている作品です。

 

観る価値はある作品だと思います。

 

評価 ★★★★ (4/5)

 

「海街diary」は

下から無料で観ることができますのでどうぞ!