未分類

映画「キングダム」解説と内容、および感想

 

「キングダム」についてまとめます。

 

 

2019年製作 日本映画

上映時間:134分

配給:東宝、ソニー・ピクチャーズエンターテイメント

 




解説

 

原泰久のベストセラーコミックを原作にした

歴史ドラマです。

 

 

中国の春秋戦国時代を舞台に、大将軍を夢見る少年と、

中華統一をもくろむ若い王の運命を映します。

 

メガホンを取るのは『GANTZ』『図書館戦争』シリーズ

などの佐藤信介です。

 

山崎賢人、長澤まさみ、橋本環奈をはじめ、

本郷奏多、満島真之介、石橋蓮司、大沢たかおらが

共演を果たしました。

 

作品の内容(あらすじ)

 

紀元前245年、中華西方の国・秦。

 

 

戦災で親を失くした少年・信(山崎賢人)と

漂(吉沢亮)は、大将軍になる夢を抱きながら

剣術の特訓に明け暮れていた。

 

やがて漂は王宮へと召し上げられるが、

王の弟・成キョウ(本郷奏多)が仕掛けた

クーデターによる戦いで致命傷を負う。

 

 

息を引き取る寸前の漂から渡された地図を頼りに

ある小屋へと向かった信は、そこで王座を追われた

漂とうり二つの王・エイ政(吉沢亮)と対面。

 

 

漂が彼の身代わりとなって殺されたのを知った信は、

その後、エイ政と共に王座を奪還するために

戦うことになる。

 


 




キャスト

 

信:山崎賢人

エイ政、漂:吉沢亮

楊端和:長澤まさみ

成キョウ: 本郷奏多

 

作品の感想

 

漫画原作かつ邦画でこれほど壮大なものを描けるとは

思っておらず、とても驚かされました。

 

馬や兵士も実際に集めており、咸陽城も中国にある

実物大セットでCGとは臨場感が違います。

 

邦画場合、実在感が感じにくいという欠点が

多く見られますが、この作品での衣装や剣、鎧などの

装備品も質感、重量感ともに素晴らしいできです。

 

安っぽさがありません。

 

実際に重いので演じる側は大変だったそうですが、

それに見合うだけの価値があります。

 

俳優の配役や演技力も非常にレベルが高く、

漫画原作実写にありがちな恥ずかしいセリフを

棒読みという場面も一切ありませんでした。

 

評価 ★★★★ (4/5)




作品のレビュー紹介

 

「キングダム」を観た人の感想をいくつか紹介します。

 

★★★★★

私が今まで観た実写映画の中では最高峰の

再現度でしたね。

 

王騎がなぜ大沢たかお?と思っていましたが、

観てみると彼しか考えられないというか笑

 

その他の登場キャラも全員笑っちゃうくらいの

再現度でアニメをそのまま実写化しているようでした。

 

主演の山崎賢人の大根ぶりにイラついてる

レビュワーの方が多いようですが、原作の信も

初期はまさにあんな感じで怒鳴るだけの薄っぺらで

不快なチンピラです。

 

他の作品でもあれではマズいですが、この作品では

あれでいいんですよ。

 

ストーリーも一部改変はありますがほぼそのまま、

王宮奪回までが描かれています。

 

ドラクエの映画で唖然茫然させられた後だったので、

恥も外聞もない清々しいまでの原作踏襲は

原作ファンとしてはむしろ心地良かったです。

 

やっぱり原作知ってる人が観るべき

映画なんでしょうね。

 

演出、アクション、脚本ともに知らない人が観たら

何のこっちゃとなるのは否めません。

 

★★☆☆☆

実写映像化には原作への想いという高いハードルを

持たれますが、見事にハズレです。

 

ベテラン俳優は原作と似ていなくても演技力で見事に

役にハマっています。

 

しかし、主人公3人は現代口調のセリフも

いけないのかもしれませんが、全てが軽過ぎる。

 

肋骨が浮き出てるくらい細身で大剣を

振り回しているのも違和感があります。

 

原作の主人公の心を打つセリフ、強者を倒す爽快感は

味わえません。

 

★★★☆☆

違和感などなく観られました。

 

いい意味で、短い時間によくまとめたな、という。

 

各人物も、非常によかったです。

 

最初の漂とのシーンがしっかりしていることで、

物語全般に厚みが出た気がします。

 

漂が囮となって、皆を率いるシーンが一番泣けました。

 

★★★★

よくあるパターンで、実写版はガッカリすること

多いけど、この映画は世界感、音楽含め良かった!

キャラも違和感なく、長澤まさみはカッコ良かった。

続編も期待しちゃいます。

 

全体的に高評価ということで

観る価値のある作品だと思います。

 

この作品に興味がありあしたら、

あなたも観て下さい。

 

「キングダム」は

下から観ることができますのでどうぞ!