未分類

映画「インターステラー」内容と感想

 

「インターステラ」についてまとめます。

 

 

2014年製作

アメリカ映画

配給:ワーナー・ブラザース




解説

 

原題名は「Interstellar」

『星間』というような意味です。

 

『ダークナイト』シリーズや『インセプション』などの

クリストファー・ノーラン監督が放つSFドラマです。

 

食糧不足や環境の変化によって人類滅亡が迫る中、

それを回避するミッションに挑む男の姿を

見つめていきます。

 

科学的に裏付けされたストーリー展開ですので、

「スター・ウォーズ」などのような非科学的な

陳腐さがありません。

 

ですから、ハラハラ、ドキドキという内容ではないので

退屈してしまう人もいるかも知れません!

 

深遠なテーマをはらんだ物語に加え、最先端VFXで

壮大かつリアルに創造された宇宙空間の描写に

圧倒されます。




作品の内容(あらすじ)

 

近未来、地球規模の食糧難と環境変化によって

人類滅亡のカウントダウンが進んでいた。

 

そんな状況で、あるミッションの遂行者に

元エンジニアの男が大抜擢されます。

 

 

そのミッションとは、宇宙で新たに発見された

未開の惑星へ旅立ち、人類が移住可能かどうかを

調べるものだったのです。

 

 

地球に残さねばならない家族と人類滅亡の回避、

2つの間で葛藤する男。

 

 

悩み抜いた果てに、男は家族に帰還を約束し、

宇宙船に乗り組んで未知の世界へ旅立ちます。

 

 

作品の感想

 

ここまで科学的に考えている映画は初めてです。

 

相対性理論に基づいたストーリーなのです。

 

上でも記しましたが、

人気の「スターウォーズ」のようなバカバカしく、

くだらない設定ではありません。

 

ただ、惜しかったのは最後の方ですね。

 

ブラックホールの「事象の地平線」の中に

入ってしまうと無限の時間が流れます。

 

そこから出ることは100%不可能ですが、

仮に、万が一脱出出来たとすると、

元の世界では数億年レベルの時間が過ぎて

いるはずです。

 

でも、この映画では「事象の地平線」の中から主人公が

帰ってくると、元の世界ではたったの数十年しか

経っていませんでした。

 

せっかく前半は

相対性理論通りにストーリーが進んでいたのに、

エンディングでぶち壊してしまいました。

 

この辺が残念でたまりません。

 

しかし、映像が素晴らしいし、

ストーリーも壮大です。

 

観る価値のある作品だと思います。

 

評価 ★★★★ (4/5)

 

「インターステラ」は

下から観ることができますのでどうぞ!