未分類

映画「キラー・メイズ」解説と内容、無料で観る方法

 

「キラー・メイズ」についてまとめます。

 

2017年製作

アメリカ映画

上映時間:80分




解説

 

段ボール製の殺人迷路を巡って繰り広げられる

冒険を描き、2017年シッチェス映画祭

ニュービジョン・ワン/プラス部門で最優秀作品賞を

受賞したファンタジーホラーです。

 

室内に作られた段ボール製の迷路が巨大化し、

意思を持って、中に入り込んだ人間を殺していくという

奇想天外なストーリーです。




あらすじ

 

デイブの恋人で同棲相手でもあるアニーは、

週末の旅行から帰宅し、リビング一杯に広がる

段ボールの作り物を目撃する。

 

 

その段ボールのかたまりの中から聞こえるデイブの

声に、アニーは呼びけた。

 

すると、デイブは迷路を作ったのだが、

迷ってしまい出る事ができないと答える。

 

どうやら、迷路は外から見るよりずっと広いようなのだ。

アニーは迷路を壊そうとするのだが、

デイブが壊さないでくれと中から叫ぶ。

 

途方に暮れたアニーはデイブの親友であるゴードンを

呼び出した。

 

何と、3日も外に出ていないというデイブを

助けるためにあれこれとゴードンが提案をするのだが、

助けを呼ぶのは恥ずかしい、

迷路に入るのも危険だから絶対にダメとデイブが言う。

 

結局ゴードンは共通の友人レナードに相談するのだが、

数時間後には迷路の話が世間に知られてしまい、

部屋の中は大勢の人で一杯になってしまった。

 

 

そして、集まった人たちは次々と迷路に入り込むのだが、

迷路のワナで殺されていくのだった。

 

 

 

感想

 

この作品を観た人の感想をいくつか挙げてみます。

 

段ボール迷路の内装は見ていて面白かったし

すごいと思った。

高校の文化祭で作った迷路を思い出す。

でも、物語と演出は途中のグダグダで勢いを

無くしてしまっている。

アイデアもキャストも音楽もそれなりに良かっただけに惜しい作品。

 

 

発想の凄さに星5つ。

わりとホラーの恐さが出ていることに星4つ。

登場人物のキャラが立っている事に星5つ。

総合で星5つ。

 

段ボールを使っての迷路という発想は面白いが、

迷路内を逃げ惑う主人公や仲間達の描写に全く

緊迫感や怖さが無く80分が退屈だった。

映像美もない。

 

発想は良いのだが、

内容がイマイチという感想が多いようです。

 

私自身の感想は、

やはり、発想は素晴らしく

それなりに楽しめる作品だと思います。

 

ただ、ラストで、迷路は壊されて段ボールの塊に

戻るのですが、中で死んだ人の事が描かれていないのと、

中の怪物が復活するというエンディングには

首をひねりました。

 

評価  ★★★★(4/5)

 

この作品は下から無料で観る事ができますのでどうぞ!