未分類

映画「グエムル-漢江の怪物-」の内容と解説、無料で観る方法

 

「グエムル-漢江の怪物-」についてまとめます。

 

 

2006年製作

韓国映画




解説

 

韓国の人々のオアシス、漢江(ハンガン)に

突如出現した怪物を巡る事件に肉迫する

パニック映画です。

 

怪物に娘を奪われた一家の奮闘を描く内容と

なっています。

 

情けない父親から一変、闘うお父さんを

体当たりで演じるのは、

第92回アカデミー作品賞受賞作「パラサイト」で

主演したソン・ガンホです。

 

「ロード・オブ・ザ・リング」シリーズなどを

手がけたニュージーランドのWETAワークショップが、

魚に似たリアルな怪物を作り上げたました。

 

「グエムル」とは怪物を意味する韓国語を

カタカナ表記したものです。




あらすじ

 

ソウルを流れる大河の漢江(ハンガン)に

黒い両生類のような怪物(グエムル)が現れ、

河原の人々を捕食殺害し、

露店の男カンドゥ(ソン・ガンホ)の娘、

ヒョンソを捕まえて水中へ消えた。

 

 

ヒョンソは怪物の巣の下水道から携帯電話で

助けを呼ぶ。

 

 

一方、在韓米軍は怪物は未知の病原菌を持ち、

感染したとみられるカンドゥを捕えようとする。

 

カンドゥと一家はヒョンソを救う為に追われながら

怪物を探す。

 

 

感想

 

CG(グエムル)の出来ばえは見事だと思います。

しかし、それだけです。

 

ストーリーは陳腐で

「なんでこうなるの?」と思いながら観ました。

 

韓国も日本同様、アメリカ軍には弱いのですが、

ストーリー上、アメリカ軍の介入は必要ないと思います。

 

また軍隊がいるにの、

怪物を倒したのは主役の家族という事で

怪物が弱すぎますね。

 

テーマとしては「家族愛」を描きたかったのか?

と思うような内容でした。

 

評価 ☆☆☆☆ (1/5)

 

私の評価は低いのですが、

観る人によっては面白く感じるかも知れません。

 

興味がありましたら、どうぞ!

下から無料で観られます。