未分類

「クリーピー 偽りの隣人」ひど過ぎる内容とその解説

 

「クリーピー 偽りの隣人」についてまとめます。

 

 

2016年6月公開

 

解説

 

日本ミステリー文学大賞新人賞を受賞した

前川裕の小説「クリーピー」を

実写映画化したサスペンススリラーです。

 

奇妙な隣人に翻弄されるうちに

深い闇に引きずり込まれていく夫婦の恐怖を、

原作とは異なる映画オリジナルの展開で

描き出しています。

 

主人公の犯罪心理学者を西島秀俊、

不気味な隣人を香川照之が演じるほか、

竹内結子、東出昌大ら豪華キャストが集結しました。




あらすじ

 

元刑事の犯罪心理学者・高倉(西島秀俊)は、

刑事時代の同僚である野上(東出昌大)から、

6年前に起きた一家失踪事件の分析を依頼され、

唯一の生き残りである長女の早紀(川口春奈)の

記憶を探るが真相にたどり着けずにいた。

 

 

そんな折、新居に引っ越した高倉と妻の康子は、

隣人の西野一家にどこか違和感を抱いていた。

 

 

ある日、高倉夫妻の家に西野の娘・澪が

駆け込んで来て、

実は西野が父親ではなく全くの他人であるという

驚くべき事実を打ち明ける。

 

 

キャスト

 

監督:黒沢清

高倉:西島秀俊

康子:竹内結子

早紀:川口春奈

野上:東出昌大

殺人鬼・西野:香川照之

西野にとらわれている少女・澪:藤野涼子




感想

 

内容は残念の一言。

 

前半はそれなりに面白いのですが、

後半がひど過ぎます。

 

まず、

野上と笹野高史が演じる2人の刑事は

不用心過ぎるのです。

 

普通、刑事は単独で行動はしないはずなのに

この2人は単独行動してしまいます。

 

そのような行動は、凶悪犯・西野の思うつぼです。

 

結局、二人は殺されてしまいます。

 

また、

薬漬けとはいえ簡単に「洗脳」されるのは何故か?

 

さらに

西野を射殺しても何も事件が解決せず、

高倉が殺人犯として裁かれ、

高倉の妻康子と、西野にとらわれていた少女の2人も

死体遺棄・殺人幇助・麻薬取締違反で裁かれる

展開になるだけ。

 

まったく、ただ単に犯人から解放される事だけを

考えた結末は『おそまつ』と言う以外にないです。

 

事件後はどうなるのかを考えた結末にしなかったのは

『駄作』であるとしか言えません。

 

この作品を金を払って観る価値はないです!

 

前半は面白かっただけに、とても残念な作品ですね。

 

評価 ☆☆☆☆(1/5)

 

前半が面白かったので「1」。

 

この作品は下から観る事ができますので、

興味があったらどうぞ!