未分類

映画「ブリッジ・オブ・スパイ」解説と内容、感想

 

「ブリッジ・オブ・スパイ」についてまとめます。

 

2015年制作(アメリカ)

2016年1月 日本公開

 

 

解説

 

スティーブン・スピルバーグ監督、トム・ハンクス主演、

ジョエル&イーサン・コーエン脚本と、

いずれもアカデミー賞受賞歴のあるハリウッド最高峰の

才能が集結し、1950~1960年代の

米ソ冷戦下で起こった実話を描いた

サスペンスドラマです。

 

第88回アカデミー賞では作品賞ほか

6部門でノミネートを受け、

ソ連スパイのアベルを演じたマーク・ライランスが

助演男優賞をしています。




あらすじ

 

保険の分野で着実にキャリアを積み重ねてきた

弁護士ジェームズ・ドノバンは、

ソ連のスパイとしてFBIに逮捕された

ルドルフ・アベルの弁護を依頼されます。

 

敵国の人間を弁護する事に

周囲から非難を浴びせられても、弁護士としての

職務を果たそうとするドノバンと、

祖国への忠義を貫くアベル。

 

2人の間には次第に、互いに相手に対する理解や

尊敬の念が芽生えていきます。

 

そして、死刑が確実と思われたアベルは、

ドノバンの弁護で懲役30年となり、裁判は終わります。

 

それから5年後・・・

 

ソ連を偵察飛行中だったアメリカ人パイロットの

フランシス・ゲイリー・パワーズが、

ソ連に捕らえられる事態が発生してしまいます。

 

 

両国はアベルとパワーズの交換を画策し、

ドノバンはその交渉という大役を任命されたのだ・・・

 

映画の感想

 

細部まで丁寧に作られている作品です。

 

ベルリンの壁が作られていく中での

緊迫した交渉がみごとに描かれています。

 

スピルバーグの映画の上手さが存分に

発揮されている映画ですね。

 

評価 ★★★★ (4/5)

 

「ブリッジ・オブ・スパイ」は

下から観ることができますのでどうぞ!