未分類

「レディ・プレイヤー1」ネタバレ(解説・感想)

 

映画「レディー・プレーヤー1」についてまとめます。

 

2018年制作

 

 

解説

 

スティーブン・スピルバーグ監督が、

アーネスト・クラインによる小説「ゲームウォーズ」を

映画化したSFアクションです。

 

作中のゲーム世界には、アメリカはもとより

日本のアニメやゲームのキャラクターやアイテムが

多数登場します。

 

自分の知っているキャラクターやアイテムを

どれだけ劇中から見つける事ができるかも

楽しみの1つです。




あらすじ

 

貧富の格差が激化し、

多くの人が荒廃した街に暮らす2045年。

 

世界中の人々がアクセスする「VR」の世界

『OASIS(オアシス)』に入り、理想の人生を楽しむ事が

唯一の楽しみであり希望でもあった。

 

オアシスは、誰もがなりたいものになれる場所なのだ。

 

そんなある日、オアシスの開発によって

巨万の富を築いたジェームズ・ハリデーが死去し、

オアシスの隠された3つの謎を解明した者に、

莫大な遺産とオアシスの運営権を明け渡すという

メッセージが発信される。

 

「全世界に告ぐ。

オアシスに眠る3つの謎を解いた者に

全財産56兆円と、

この世界のすべてを授けよう」と。

 

それ以降、世界中の人々が謎解きに躍起になり、

17歳の孤独な青年ウェイドもそれに参加していた。

 

 

そしてある日、

ウェイドは謎めいた美女アルテミスと出会い、

1つ目の謎を解き明かすことに成功する。

 

一躍オアシスの有名人物となるが、

ハリデーの遺産を狙う巨大企業IOI社の魔の手が

迫ってくるのだった・・・

 

 

感想

 

とにかく、面白い作品です。

 

また、過去の映画や

アニメのパロディが続々登場し、

いくつ探せるかという楽しみもあります。

 

見る価値のある映画ですね。

 




観た人の感想を集めてみました

 

なんとアイアン・ジャイアントの頭がちゃんと

凹んでるんですよ!

 

『アイアン・ジャイアント』を観ていないと

なんのこっちゃでしょうが、

こういう細部へのこだわりが、この作品の、

そして登場人物への説得力に繋がっているのだと思う。

 

到底一度観たくらいでは確認し切れないほど

膨大なキャラやメカが登場するわけで、

そのすべてをスピルバーグが知っているわけでも

ファンなわけでもないだろう。

 

それでも付け焼刃に見えないのは、

スピルバーグが愛情あるスタッフを揃えて、

それぞれのこだわりをすくい上げることが

できたからではないか。

 

現実でも普及の兆しがあるVRを題材にしたSF映画。

 

現実と虚構という対立構図の作品はSFでは

珍しくないが、現実に普及しつつある技術を

フィーチャーしているからか、

身近なテーマと感じさせる。

 

多くのキャラクターを登場させて、夢のような

デジタルワールドを作ったスピルバーグだが、

最後はやはり現実が大事だと結論づける。

 

しかし、VR世界をあれだけ魅力的に描いていおいて、

その結論でいいのか、という気もする。

 

現実の良い部分はあまり描かれていないだけに。

 

とはいえ娯楽アドベンチャー映画として一級品で、

さすがはスピルバーグといったところか。

 

 

スピルバーグにこの類の作品を生み出すことなど

もう無理だと思っていた。

 

だが不可能なことほど燃えるのがこの人の性分。

 

あるいは単純な負けず嫌いとでも言おうか。

 

結果的にこのノリ、アイディア、テンポ、スピード感、

すべてにおいて彼にしか成しえない究極の映画が

ここに誕生した。

 

評価

 

この作品は文句なしの、最高の娯楽映画だと思います。

 

評価は

★★★★★ (5/5)ですね!

 

「レディー・プレーヤー1」は

下から観る事ができますのでどうぞ!