未分類

「リメンバー・ミー」解説と内容(あらすじ、感想)

 

長編アニメ映画「リメンバー・ミー」について

まとめます。

 

 

解説

 

「トイ・ストーリー3」でアカデミー賞を受賞した

リー・アンクリッチ監督が、

陽気でカラフルな「死者たちの世界」を舞台に描いた

ピクサー・アニメーションの長編作です。

 

日本におけるお盆の風習にあたる

メキシコの祝日「死者の日」を題材に、

音楽を禁じられたギター少年ミゲルの冒険や

家族との強い絆を、数々の謎と音楽を散りばめながら

描いています。

 

物語の鍵を握る劇中歌「リメンバー・ミー」の

作詞・作曲を「アナと雪の女王」の

「レット・イット・ゴー ありのままで」を手がけた

クリステン・アンダーソン=ロペス&ロバート・ロペス

が担当しました。

 

第90回アカデミー賞では長編アニメーション賞と

主題歌賞を受賞した作品です。




映画のあらすじ

 

天才的なギターの才能を持つ少年ミゲルは

ミュージシャンを夢見ているのだが、

過去の悲しい出来事が原因で、

彼の一族は音楽禁止の掟が定められていた。

 

ある日、ミゲルは先祖が家族に会いに来るという

「死者の日」に開催される音楽コンテストに

出場する事を決める。

 

そして、憧れの伝説的ミュージシャン・デラクルスの

霊廟に飾られたいたギターを手にすると、

ミゲルは「死者の国」に迷う混んでしまうのだった。

 

 

そんなミゲルが、元の世界に戻れずに困っていると、

陽気で孤独な骸骨のヘクターと出逢った。

 

そして、その骸骨のヘクターに協力してもらって

元の世界へ戻る方法を探し始めるのだったが・・・

 

 

「リメンバー・ミー」の感想

 

「リメンバー・ミー」を観た人の感想を

いくつか紹介します。

 

メキシコの音楽と文化をベースにしたアニメ表現は

とても楽しい。

 

家族万歳!というテーマ性もメキシコの風土と

結びついたものだ。

 

ただ、家族っていいねというために

悪のための悪を設定し、

血縁者はみんな優しくて才能豊か、という図式は

短絡過ぎるように感じる。

 

あの悪役だって子孫がいたことにあれだけ喜んだのだ。

彼にも家族がいた、ということだし、

これは家族万歳というより「出来のいい家族限定」での

家族万歳ではなかろうか。

 

『ズートピア』のようなグレーゾーンに踏み込んだ

傑作を観て間もないだけに、

前時代的な美談に見えてしまったことが残念。

 

肉体的な死を迎えた後、

生きている人達に忘れ去られることで、

人間は二度死ぬと言われている・・・。

 

メキシコ等で行われる「死者の日」をテーマにした作品。

 

正直、ミゲルのお父さんはエルネストじゃないことは

破られたスナップ写真から早々に想像できたけど、

エルネストみたいなゴミ人間が居てこそ盛り上がる

ストーリーですよね(笑)。

ただ、子供の夢を摘む程音楽はダメと言い放つ

 

家族に対して、違和感アリアリでしたけどね。酷すぎて。

 

昔から、グッズとか集める程

メキシコの死者の日の在り方が好きで、

切なくも楽しく観ることが出来て満足しました。

 

それに、主人公のミゲルの声を当てた男の子かな?

(それとも歌だけ吹き替えなのか・・・)歌が

メチャウマだった(笑)!

 

っていうか、動物って・・・生者の世界と死者の世界を

行ったり来たり出来る・・・不思議な存在なのかな?

 

ダンテを見た時「コララインとボタンの魔女」を

思い出した(笑)!

 

あそこに出てくる黒猫も、

両方の世界を行ったり来たり出来たっけ。

 

親子で見たい、家族の愛情溢れる話。

 

主人公の男の子の声がとても良かった。

 

ストーリーは悪とヒーローの定番モノかもしれないけど

一捻りあり、繰り返し見ても感動すると思う。

 

やっぱり

見終えたとき晴れやかな気持ちになる話はいい♪

 

「リメンバー・ミー」はこちらから

無料で観る事ができますのでどうぞ!

↓  ↓   ↓