未分類

映画『犬鳴村』の解説と内容、及び観た感想

 

2月7日公開のホラー映画

『犬鳴村』についてまとめます。

 

解説

 

「日本最強の心霊スポット」と言われている

福岡県の旧犬鳴トンネルの先に

位置するとされている

『犬鳴村伝説』を題材としたホラー映画です。

 

実際に犬鳴村が存在したのかどうかは

分かりませんが、

都市伝説として語られています。

 

犬鳴村の場所は、

福岡県の山間にある犬鳴峠や

犬鳴トンネル(実際には旧犬鳴トンネル)の

近くにあるとされていますが、

地図にも犬鳴村の名前はありません。

(犬鳴峠、犬鳴トンネルは実在します)

 

さて、そんな犬鳴村ですが、

そこは日本政府の統治が及ばない場所で、

そこに立ち入った者は決して戻れないと

言われています。

 

書き込みサイトやSNSには

村周辺を訪れた恐怖体験が数多く

寄せられています。

 

犬鳴村は旧犬鳴トンネルの

先にあると言われていますが、

現在はダムが建設され、

日本地図にその痕跡は残っていません。

 

決して触れてはいけない犬鳴村ですが、

ホラー映画の第一人者・清水崇によって

禁断の映画化とされたのです。

 

旧犬鳴トンネル

新犬鳴トンネル




あらすじ

 

臨床心理士の森田奏の周りで突如、

奇妙な出来事が起こり始めます。

 

「わんこがねぇやに ふたしつちゃろ~♪」

奇妙なわらべ歌を口ずさみ、

おかしくなった女性、行方不明になった兄弟、

そして繰り返される不可解な変死・・・

 

それらの共通点は

心霊スポット『犬鳴トンネル』だったのだ。

 

「トンネルを抜けた先に村があって、

そこで××を見た・・・」

突然死した女性が死の直前に残した

この言葉には、一体どんな意味があるのか?

 

全ての謎を突き止めるために、

奏は犬鳴トンネルに向かいます。

 

しかしその先には、

決して踏み込んではいけない、

驚愕の真相があったのだ・・・!

 

映画の予告です




感想

 

この作品はまあまあの内容だと思います。

 

しかし、

ホラー映画が大好きな私としては

イマイチという評価になります。

 

その理由は、ホラー映画としては

あまり、怖くないからです。

(ホラー映画として考えなければ

楽しめる作品です)

 

やっぱり、日本人では本当に怖い

映画を作る事は不可能なんですかね・・・

 

私は、今まで何本ものホラー映画を

観てきましたが、

「本当に良くできている」、

「ホラーとして世界に通用する」

と思える作品は2つだけです。

 

それは『リング』残穢(ざんえ)』です。

 

『リング』については1作目だけで、

その後の「貞子」シリーズは駄作だと

思っています。

 

『リング』や『残穢』を無料で観るなら

コチラからどうぞ!

後書き

 

この作品は、

実在する心霊スポットを題材にしているのが

良いですね。

 

そして、かなりの前評判らしく

映画の完成前から、世界中の映画会社から

オファーが殺到したそうです。