会場紹介【酒・酎・音 はやし】 兼 ホルモン日記


みなさん、こんにちは。
15日 酒・酎・音 はやし」会場担当のうなごです。

JR大津駅の北口改札(びわ湖口)を抜けて、正面の中央大通りの
向かって右側の歩道を下っていくと、この 酒・酎・音 はやしがあります。

このお店に一歩足を踏み入れると、壁いっぱいの焼酎と梅酒の瓶に
圧倒されちゃいます。
県下一のお酒の種類を誇る居酒屋さんです。

季節問わず鰻メニュー[鰻巻き・白焼き・肝串]が美味しくて、
それから、全国各地の酒の肴としてウマイモノが揃っています。
うなごは福井名産の「小鯛の笹漬け」がお気に入りです。
あと、おでんも美味しいのですが、冬季限定なので夏の間はガマンです。

今年初めて会場提供してくださって、常連のうなごが会場担当に任命されました。
OJF定例会議でそれが発表された後、
「うち、会場担当やしポスター持ってご挨拶に行ってくるー」と言うと・・・

「と言いつつどうせ飲みたいだけやろ。」
「行ったことないし、行きたい!!」
「おなかすいたー。」
「なんかごはん食べに行くらしいよ、行こ行こー。」

とみんながついてくることに。

当初の目的はご挨拶だったはずなのに、
本末転倒なほど美味しいごはんとお酒を堪能しちゃいました。
なかでもみんながハマってしまったのは『鳥皮ギョーザ』。
皮がそもそも鳥皮なのでパリッともっちりの2つの食感。ジューシィ。
おかわり!!おかわり!!と最終的に6人で4皿頼んでいました(笑)

***

OJF当日[10/15(土)]はお昼なので、大将が特別メニューを考えてくださいました。
・バウムクーヘンセット(バウムクーヘン&コーヒーまたは紅茶):700円
・お寿司セット(鯖寿司&太巻き寿司&お茶):800円

フードメニューの提供は特別メニューのみですが、
各種ドリンク[ビール・焼酎・地酒・梅酒・ソフトドリンク]を別途注文することもできます。
(値段については、お店でご確認ください。)

OJFは全会場入場無料です!!
ただ、飲食店舗では、無償で演奏場所をご提供いただいております。
もしも「来年もこの会場があったら楽しいなぁ」と思ってくださったら、
ぜひぜひ店舗の売上にご協力くださるとうれしいです。
飲食物も楽しむことで、より会場のことが好きになっちゃうかもしれませんよ☆
(※なお、10/15(土)はOJF特別営業のみで、通常の営業はありません。日曜は定休日です。)

また、はやしはPops可能会場としてミュージシャンを募集していました。
なので、Blues、PopsそしてJazzと多彩な演奏をお楽しみいただけると思います。
→出演者情報はこちらで。

うなごは不思議なご縁で、去年の担当会場でご一緒させていただいたミュージシャンさんと
再会できることになりました。
こんなふうに、出演者サマもお客サマもリピーターになってくださるとうれしいです。
弁天さん、今年もお待ちしています!!

ではではみなさま、当日会場でお会いしましょう。
(うなごがアワアワ緊張していたら、助けてくださいね。)

ホルモン日記 ~コントワール・レピ編~

みなさまこんばんは。
大津ジャズフェスティバル実行委員会 女子会のうなごです。

大津ジャズ日誌第7回で、景色を楽しみながら
膳所ときめき坂から湖岸までたどりついたところですが、ちょっと巻戻し。

大津ジャズ日誌第6回の「GMT plus UN」まで戻りましょう。
そのお隣にフランス国旗を掲げているお店があります。

ここが「コントワール・レピ」です。
コントワールとは、フランス語でカウンターの意味。
おひとりさまにちょうどいいお店なんです。

OJF女子会は、「会」と名乗ってはいるものの、実はおひとりさま女子の集合体。
みんなで約束して飲み会をすることもありますが、ふらっと好きなお店に立ち寄ることも多いです。
約束せずに偶然会えて、一緒に会話を楽しむこともあったり、
「さっきまで○○ちゃんがいたのに残念。惜しかったねぇ。」
という話でお店の方と盛り上がったりなのです。

レピはフランス田舎料理とワインを楽しむお店で、
意外にもホルモンメニューが充実しています。
・ミノの白ワイン煮(写真)
・トリッパ(ハチノス)の煮込み
・砂肝のコンフィ
・レバーパテ なめらか かつ 微かな苦みで、うなごイチオシ>
大衆的なイメージのホルモンが、おしゃれな味付けでココットに入って出てきます。

さてさて、
OJF会場からはちょっと遠いレピをなぜ急に紹介してるんだろう。。。
と疑問に思った方もいらっしゃるかもしれません。

実は!!

今週末[10/1(土)]は、大津市旧大津公会堂にて「オータムJAZZナイト 2011」があります。
今回、フードメニューの提供はありませんが、レピのマスターがバーテンダーとして参加してくれます。

☆マスターの蝶ネクタイにも是非ご注目☆

ドリンクの売上の一部は、大津ジャズフェスティバルの運営資金として使わせていただきます。
素敵な音楽のお供にドリンクを!! そして、運営にご協力お願いいたします。

ホルモン日記 ~蔵間編~

大津ジャズフェスティバル実行委員会 女子会のうなごです。

先日、定例会議の後、女子会メンバー有志で蔵間というお店に行ってきました。

「ホルモン肉鍋」というメニューがあるらしい、という情報を入手したメンバーからリクエストが
あったため、とりあえずお店を予約。

大津駅から大津市旧大津公会堂へと続く駅前どおりから小道へと入ると、このお店があります。
外観は、古民家風居酒屋の雰囲気。
でも、外壁にはホルモン肉鍋の写真がペタペタ貼ってあって、
いかにもホルモン大好き女子会好みです(笑)

いざ2階の個室に通してもらうと、隠れ家風高級料亭といった風情で
テンション上がりまくりです。

いろいろな単品メニューももちろん美味しかったのですが、
やっぱり最初から狙っていたホルモン肉鍋!!

白湯・トマト・激辛とあって、トマトを選択。

シメは、店員さんおすすめのラーメンにしたのですが、小麦風味も良くって、
ほんのりイタリアンな美味しさです。

残念ながらこのお店は日曜定休なのですが、10月末までホルモン肉フェア中です。

OJF初日[10/15(土)]に見に来てくださった方の帰り道や、ミュージシャンのみなさまの打ち上げに
いかがでしょうか。

  うなご

ホルモン日記 ~酒盗編~

 こんにちは、大津ジャズフェスティバル実行委員のうなごです。
美味しい食べ物とお酒が大好きな実行委員会女性メンバーで、OJF女子会と称して飲み会をときどき開いています。

先月は、OJF女子会で高知へ旅行に行ってきました。
(去年まで実行委員会にいて、この春大学卒業とともに地元の高知に帰っていった子に会いに行ってきたのです。)

そのお土産として、酒盗(鰹の内臓の塩辛)を買ってきました。

といっても瓶は結構大きいし、かなりしょっぱいので、なかなかなくなりません;
なので、何と組み合わせたら美味しいかなぁ、と酒盗マリアージュ選手権@家飲みをやっちゃいました!!
ということで、ホルモン日記はまさかの魚の内臓でスタートです。

エントリーは以下のとおり。
1.豆腐
2.クリームチーズ
3.たたき胡瓜
4.山芋短冊
5.湯むきしたトマト
6.酒蒸しした分葱
7.ポーチドエッグ
8.大根の浅漬け

並みいる強豪・白い食材たちを差し置いて、初代王者はダークホースのトマト!!
まぁ、赤ワインを飲みながらだったからかもしれませんが(笑)
トマトの甘みと酸味に、酒盗の鹹味と旨みが補い合って美味しいです。

***

さてさて、実行委員会では、私たちと一緒に活動してくれる実行委員・当日ボランティアを大募集しています。
男性ももちろん募集していますが、こんな女子会が気になった女性のみなさん、
↓↓ぜひぜひ下記のページをご覧くださいませ。↓↓
http://otsu-jazz.com/member.html

それから、OJF女子会は下記のイベントも気になっています。
第1回 滋賀B級グルメバトル in 浜大津サマーフェスタ
日程:2011年7月30日(土)、31日(日)
場所:大津港
http://www.b-shiga.com/
みんなで食べ尽くしちゃいましょう!!

   うなご