高槻ジャズストお手伝い日記

ゴールデンウイーク後半戦が始まったのですが、この時期は毎年恒例の高槻ジャズストリートが開催されるのですな。
高槻ジャズストリートと大津ジャズフェスティバルは深い関係が有ると言う事で、スタッフの私たちは高槻ジャズストリート開催時には、2つの会場を受け持ちまして、一緒にお祭りを楽しむことに成っているのでした。

今年も例年と同じく以下の2会場を担当するのです。

その1:総合市民交流センター
その2:姉妹都市センター

そして、会場スタッフの一人として潜入捜査を行っているのは、誰あろう私事情通のC氏なのでありました。
潜入捜査を行っている事については、極秘の扱いなので、これを読んでいるあなた以外ではバラク位しか知らない事なのです。

私の出動時間は朝の11時。
スパイにとって、この時間は結構きついんだけど、そう言う言い訳をする訳にも行きません。
いや、会場担当のリーダーさんは、もっと早く行って受付等の段取りをしてくれているので、めんどくさいじゃんとか言った日には、ケツを蹴られちゃうので内緒なのである。

総合市民交流センターってのは、JR高槻駅から徒歩1分という好立地の会場でして、なおかつ出演者は軒並みゲストクラスのミュージシャンで人気のスポットなのね。

会場のPAとかについては、某ビジュアルアーツの若者たちが担当してまして、我らが大津ジャズフェスティバルのエージェントたちは何を担当するかと言うと、「会場整理」なのです。

演奏が始まる12時が近づくと、会場のロビーには、開演待ちの人たちがあふれ始めます。

そこそこ、入場待ちの人たちが溢れているのを見ると、みなさんちゃんと入れるんだろうかって事で、不安に成りますわな。
機転を利かせた我らがエージェントは、入場整理券なんか用意しちゃって、配ったりするのです。
回数を重ねてきますと、人間と言うのは、なかなか、こざかしい働きをするものですな。

会場整理って言うのは、具体的にはどういう仕事かと言いますと、詰めかけてくる人に対して、現在満席ですので、向こうから並んでくださいとか、先頭の何人さん入れますのでこちらからどうぞとか言いながら案内するんですね。

何年か前、そう、私がまだ元気なころ、会場整理をしてますと、ガラの悪いオジサンとか、ガラの悪いオバサンとかが、「ほんまに一杯なんかいな?、まだ少しぐらい入れるんちゃうの!」とか詰め寄る方もいらっしゃいまして、一日の内に何回かは不愉快な思いをしたんですが、今年はみなさんお行儀も良く、みなさん楽しくステージを楽しんで頂けたようでした。

怖い人に絡まれないコツは、毅然とした態度で複数人で対応するって事に尽きると言うのは、我々の秘密のノウハウなのでした。

ステージはそりゃ、ピカピカの出演者ですから楽しいのは間違いないのですが、スタッフも結構バカなこと言いながら楽しんでいるのです。
今年は、色々と呼びかけをしてみたせいか、実行委員会に入っていない人とかも、大津のスタッフとして参加してくれたりしまして、新しい仲間と一緒に舞台番をしたのでした。

さて、初日が終わって足が棒に成ってしまったのですが、明日もイベントは続きます。
明日も、頑張りましょう!

えらいこっちゃ!BJFが始まるぜ!

大津ジャズフェスティバル実行委員会の黒幕をやってます。
事情通のC氏です。

なんか、桜を見て春だなぁなんてボーっとした毎日を送っているあなた。
そう、ど~せ、花を愛でると言うより、桜の下で一杯飲んで、ぷふぇ~~とか言おうと思っているだけだと言うのは、世間の皆さんからはお見通しなのです。
そんなあなたに、とっておきの情報をお届けしよう!

さて、桜もそろそろ終わろうかと言う春の日に開催されるのは、今年6回目の開催になる「びわこJAZZフェスティバル in 東近江」なのですよ。


http://biwako­jazzfes.com/

東近江やで。知ってるかいな?
どーせ、知らんだろうと言う事で、事情通の私がオセーテあげましょう!
場所はね。


大きな地図で見る

どう?わかる?
このマークの辺りが、BJFが開催される「八日市」なのよ。琵琶湖から見ると、4時35分位の位置にある「八日市」がBJFが開催される街なのよ。
この駅までたどり着くには、色んなルートや方法が有るとは思いますが、私だってそこまで暇ではないので、こっから先は自分で調べてね。

鉄がよだれを流しながら喜んで乗ると言う近江鉄道の八日市駅を降りたら、駅前でなんやかんや演奏している姿を目撃する事でしょう。
はっきり言って、普段は我が大津市と同じ位、人は少ない街なのです。
でも、この日だけは街全体がお祭りです。
だいたい、この辺りは、熱い奴が多いのよ。まあ、元気がイベントTシャツ着て歩いているようなもんです。
街を歩きながら、いろんな場所で演奏している姿を見るもよし、ゲスト会場を狙い撃ちにして、一日中プロの最高の演奏に浸るもよし。
コンビニで缶ビール買って、街を歩くもよし。
楽しみ方は、あなたの自由です。

んでもって、大津ジャズフェスティバルも、このイベントとは兄弟みたいなもんなので、手伝いに行くのです。
うちのメンバーが手伝いに行くのは、以下の会場だぜ。
 
             19日の会場:スマイルネット前
              20日の会場:広島外科前

慣れないメンバーも行っちゃうから、いろいろとモタツク所も有るかも知れないけど、そこんとこは、優しい目で見守ってやって頂戴。
なんか、話しかけると、この手のイベントをやる場合の秘密の打ち明け話とか聞けちゃうかもよ。

みんなで八日市に押し掛けて、馬鹿騒ぎしようぜ!

【告知】5/3〜4、「 高槻ジャズストリート」がいよいよ開催!!

みなさまこんにちは、OJF実行委員会です。

今週の金曜日と土曜日(5月3日・4日)は、全国を代表するジャズのビッグイベント第15回 高槻ジャズストリートが開催されます。

二日間にわたって高槻の街がジャズで溢れます。

———————————————————————————-

第15回 高槻ジャズストリート

http://www.0726.info

【開催日】    2013年5月3日・4日
【時  間】    両日10時から(開始時間は会場により異なります)
【場  所】    大阪府高槻市
【交  通】    JR京都線高槻駅 または阪急京都線高槻市駅 下車
【ステージ】   阪急高槻市駅、JR高槻駅周辺52会場
【参加バンド数】 600組超
【主  催】    高槻ジャズストリート実行委員会

———————————————————————————-

当日は、OJFスタッフも[NAILS GOOWステージ(総合市民交流センター8Fイベントホール)][姉妹都市センター]の2会場でお手伝いしてます。

皆様ぜひお越しくださいませ。

「びわこJAZZフェスティバルin東近江2013」が開催されます!

皆様いかがお過ごしでしょうか?
最近めっきり暖かくなってきましたね。
でも桜の時期は過ぎたし、休日予定もないからのんびり寝ちゃおうかな?
なんて方もおられるかと思います。
春眠暁を覚えずなんていいますが、寝てるにはもったいないイベントがありますよ!
今週の土日(4月20日・21日)、びわこJAZZフェスティバルin東近江2013が開催されます。
———————————————————————————-
びわこJAZZフェスティバルin東近江2013
【開催日】   2013年4月20日(土)、4月21日(日) 2日開催!
【時  間】   4月20日(土)12:00~ 4月21日(日)11:00~ (21日の17:30~よりグランドフィナーレを開催予定です)
【場  所】   滋賀県東近江市(近江鉄道八日市駅~東近江市役所周辺 全35ステージ※2日間)
【交  通】   JR東海道本線「近江八幡駅」下車→近江鉄道乗り換え「八日市駅」下車
【ステージ】  東近江市市街地を中心に全35ヵ所 ※2日間、予定
【参加バンド数】 約160組 ※予定
(ジャンル:ジャズ、ポップス、ブルース、ロック、弾き語り、フュージョン等など)
【主  催】   びわこJAZZフェスティバルin東近江2013実行委員会
———————————————————————————-
ぬくぬくの布団から飛び出して、八日市の街並みとジャズに酔いしれてはいかかでしょう?
当日は、OJFスタッフもスマイルネットステージ(20日)、広島外科ステージ(21日)でお手伝いしております。
皆様もぜひおこしくださいませ。

びわ湖JAZZフェスティバルin東近江 オフィシャルサイト
http://biwako-jazzfes.com/

土曜日まで待てない貴方に!

OJF実行委員の浅嶌です。いよいよ週末は大津ジャズフェスティバルです。

もう土曜日まで待てない!というせっかちなあなたには、12日金曜日にこのようなライヴがあります。

私(浅嶌)の旧い知人の五島昭彦氏プロデュースのイベントなんですが、いつもいつも告知が遅い(笑)。
私のところにも告知が来たのがなんと昨日。
とはいえ自信をもって推薦できる内容なので、急きょ紹介させていただきました。

ピアノトリオの好きな人必聴です。


10/12(金) 大津  奏 美 ホール

BERT SEAGER TRIO LIVE IN OTSU

    OPEN 18:30    START19:00
    前売3,000YEN   当日3,500YEN

奏 美 ホール

主催 タイムマシンレコード
第42 回 滋賀県文化芸術祭 参加公演 びわ湖大津 秋の音楽祭2012 参加公演

御予約・お問い合わせは会場及び下記まで


BERT SEAGER バート・シーガー(Piano) from BOSTON

    7歳よりピアノを始める。大学卒業と同時にプロとして活動をスタートする。1988年ニューイングランド音楽院にて修士号取得。1989年カナダ・インターナショナル・ジャズ・フェスティヴァル出演。1991年ボストン・グローヴ紙主催のジャズ・フェスティヴァル出演。ボストンを拠点に地元のクラブやライブハウスで演奏活動を続ける。ジョー・ロバーノ、トム・ハレル、ミロスラフ・ヴィトウス、チャールス・マクファーソン、ティム・ヘーガンズ他、有名プレイヤーとのライヴ/レコーディング経験を持ち、地元ボストンでナンバーワンの人気をもつ。ビル・エヴァンスの流れを汲む本格的ピアニストの1人。

池長一美(drums)

    京都生まれ。12歳のとき独学でピアノ、ドラムスをはじめる。1988年バークリー音楽大学の奨学生として渡米。ジョー・ハント(元ビル・エバンス・トリオのドラマー)に師事、ボストンのジャズ・クラブを中心に演奏活動する。1995年帰国後も毎年渡米し、ボストンのピアニスト、バート・シーガーとのKJBトリオ(通算4枚のCDをリリース)で活動を続け、1998年からは年一回の日本ツアーを続けている。2009年から毎年春にデンマークのピアニスト、マグナス・ヨルトとベーシスト、ペーター・エルドのトリオで日本ツアーを行い、2枚のCDをリリース。他には宮野裕司カルテット、石井彰トリオ、高田ひろ子カルテット、西山瞳トリオなど様々なセッションでも現在活動中。コンテンポラリーなスタイルでは、APJ(難波弘之、水野正敏)、青柳誠トライフレーム等で活動。空間を活かし、暖かく美しい音色で語りかける独自のドラミングスタイルに国内外を問わず根強い支持者を持つ。洗足学園音楽大学非常勤講師。

吉野弘志(bass)

    広島市生まれ。東京芸術大学器楽科に入学、在学中より明田川荘之トリオのメンバーとして活動。1980年、坂田明トリオに参加、以後、加古隆トリオ、富樫雅彦トリオ、板橋文夫トリオ、塩谷哲トリオ、山下洋輔パンジャ・オーケストラなど数多くのグループに参加する。現代音楽の分野での活動も活発で、高橋悠治、三宅榛名、吉原すみれ等ともしばしば共演。現在は、日本を代表するJAZZベーシストとしての活躍の他にベース・ソロと『彼岸の此岸』『吉野弘志モンゴロイダーズ・ネオ』を活動の中心に、自らの民族楽器としてとらえているウッドベースの可能性を追究すべく世界各国のミュージシャンとの様々なセッションを試みている。他に大貫妙子などのヴォーカリスト、覚和歌子等の詩人とのセッション、レコーディングなどでも、独自の悠然とした懐の深い演奏を聞くことができる。近年は作曲活動も活発で、「1998 Bessie Award・作曲家賞」を受賞している。

京街道JAZZライン2012のご紹介

こんにちわ~。実行委員のうちまたのいぬ!です。

大津ジャズフェスティバルは、京阪電車さんにラッピング電車や認知活動で、発足当初からとーってもお世話になっております。

京阪電車さんから今年も京街道JAZZライン2012のページが公開され、大津ジャズフェスティバルもご紹介いただいております。

この秋も京阪電車の沿線では多くの音楽イベントが開催されますね!
いろんな地域で毎週のようにそれぞれ個性的なジャズイベントが楽しめるのは素敵なことですね~

サイト内の「京街道Bグルメで行こう!」も魅力的です。エクレア食べたい。
もちろん今年の大津ジャズフェスティバルでも魅力的なお店が多数出店しますのでお楽しみに。

あと内緒ですが、、スタンプラリーのアラームクロックは凄そうです。内緒ですが。
ちなみに、大津ジャズフェスティバルでのスタンプ会場は「おまつり広場のOJFブース」になりますよ。

今年もラッピング電車が走ります。
日曜日に飾り付けする予定ですので、来週からいよいよOJFラッピング電車が京阪石坂線を走ります。楽しみですね!
京阪電車で回る秋のジャズフェス。ぜひ皆さんもお楽しみください。
では~

高槻ジャズストリート参加しました(あっCー編その3)

高槻JS参戦記 しょの-3
「アンジープロデューサ、立つ」の巻き

今日は、4日(金) 
ただいまの時間19時40分

やれやれ、やっと終わり。
足が、うまか棒になってしまった。 (;´Д`A “`
なんせ9時から20時まで、ほとんど立っているのだからしてから

女性ボーカルが今、聞こえてくる。
いーぃねぇ
この曲で19時からのステージは、終わりなのだ。
あとは、ファイナルステージを残すのみ
事故も無く、よかったねぇ お疲れ、お疲れ !!
学生のボランティア、やります。元気いっぱーい。
ばたばた、ばたばた右に左に、走る走る。

スタッフルームを出たり入ったりの花電車( ゴメン ! )  (゚O゚)\(–; ォィォィ
でも顔が、引きつっている。(ははん、疲れてるんだべさぁ~)
「顔が、怖いよ ナンチって ! 」
・・・無視。
(まぁおやじギャグだしいんでないかい)
・・・でも何かヘン。

MC担当が、何かアンジーさんと話している。
  コショコショ

あれれのれ、アンジーさん まじ顔
 w(゚o゚)w オオー!
なんと
「最後のミュージシャン、まだ来ないし、連絡ないし」

場内一杯のお客、
開演まであと10分 
(チューニングなど準備もあるので、間に合わないんでないかい、
ねーマッチャン。 ┐(-。ー;)┌
コマッタ、コマッタ、コマドリシマイ・・・・てか ? )
なんていってるバヤイではないし。

「なんとか、繋ぐしかないわ・・・」 
つぶやくアンジーさん
「大丈夫だわ ! チャッピーもいるし、アサやんもいる、
あっCーでなんとかなるウン 」 
・・・ΣΣ┏(_□_:)┓iii
(ウンじゃないし ! 冗談は、よしこさん)
不幸のズンドコ・・・(((p(>o<)q))) 「まずは、OJFの宣伝、その後ゴニョゴニョ・・・」  アンジーさん、MC担当に耳打ちしている。 ゴキュ、ゴキュ !!  コレカラナニガ・・・ヨヨヨヨ(泣き) と、その時 楽器を抱えて走ってきたナイスガイ達の黒い影、 「だれだー、だれだー、だれだー 」  ファイナルのプレィヤー達であります。 (イャン、ドラマチックやわぁーン)  ヽ(⌒‐⌒)ゝ ヤッター、ヒューヒュー、早く早く (*ToT)人(T-T*) ガイ達、控え室に飛び込み用意し、すぐに舞台 でも、時間が・・・10分遅れは免れない。 と、その時、MCが入る。 「この秋 大津で大津ジャズフェスティバルが開催されます・・・」 すかさず、パンママ ビラを配っている。 何たる早業、亀の甲より年の功  (またまた失礼 ! ) 人( ̄ω ̄;) そうこうしている内に、バンドの準備 OK !! オープニング、1曲目 イーィ感じでないかい  v(`皿´)ノ~'' ヤッター!! (いがった、いがった、うまく繋がったっちゃ) わきの下びっちょりの、チョイちびリ。 (-。-;) バンドについて来た観客も入り、超満員、熱気ムンムン 曲も、超ハイテンション、・・・カメレオンって曲だってヒソヒソ お客ワクワク、裏方ハラハラ、 怒涛の盛り上がりでありんした。 終わりよければ、すべてよし めでたし、めでたし・・・ アンジープロデューサー  お疲れでした。(^-^)//""ぱちぱち 皆さまも、乙カレー ドウモー       by  あっC―

高槻ジャズストリート参加しました(あっCー編その2)

高槻JS参戦記 しょの-2

「ヨリツネさんは、力持ち」の巻

4日18時頃、
高槻JS本部からの帰り道の途中なのだ。

やれやれ、
急遽、応援で松坂屋屋上会場に急行、ミッション完了後、お金と備品を運び終わったとこ、おみやげに、本部にあったパンとジュースもらっちゃった。
\(*T▽T*)/ワーイ♪ にこにこ !  

ぐっちさんと、みんながいる市民交流センター目指し歩いていると、うなごチャンとヨリツネさんが、いるではにゃぁか。
ここは、姉妹都市センター会場なのだ。

「山崎パンの配達どぅぇ~す。」(^|0|^)

「ヤリィー、ちょうどいいところに来た。」

ほへ・・・(T□T)

「撤収、撤収、」
ヤヤ ! いつのまにか長机をもっているウッCー

ほへ ・・・ (|||▽||| )

スタスタ
まってちょんまげ・・・

シマッタ、シマッタ、シマクラチヨコ
ミスッタ、ミスッタ、ミスラヒバリ
コンナンバッカシ・・・・スマン <(_ _)>

とりあえず、ぐっちさんにお願いし、
先に帰ってもらいました。(m(o・ω・o)mゴメンヨ)

結構重たいんです。この机、それに本部まで結構あるかねば・・・

えっ ! 前をスタスタ歩くヨリツネさん
片手で、持っているし ガビィーん w(゚o゚)w オオー!

これは、いかん 男として面目なし

うなごチャンの運んでいたパイプ椅子を、一つ掴むと
「楽勝、楽勝、フフフンフン」

ダァーイシッパーイ (p_q*)シクシク

シマッタ、シマッタ、シマクラチヨコ
ミスッタ、ミスッタ、ミスラヒバリ
マタ、イウカネ~ イイカゲンニ、シロナガスクジラ !!!

ほゲー、腕がちぎれそー

スタスタあるくヨリツネさん
よろよろついてく無口なウッCー

やっとついた、
手がしびれちゃつて、ぴーこぴこ
へーきな顔のヨリツネさん

なな、なんて、怪力なんだ・・・・・(。□。;)逆さガビーン!!
「すごいね ! 」
「介護師したり、保母さんしてるから、大丈夫 ! 」
ムム、この爽やかさ おぬし、なかなかやるではないか

しびれちゃったことをヒタスラ隠し、
負けじと、爽やかスマイルのウッCーでした。

乙カレー 、ヨリツネさん、うなごチャン 
以上、おしまい
めでたし、めでたし、

by あっC―

高槻ジャズストリート参加しました(あっCー編その1)

高槻JS参戦記 しょの-1

「がんばれ ! ぐっちさん」の巻き

今日は2日目、マッチャンから、特別任務がおりたのだった。
「ぐっちさんと、松坂屋屋上へ応援に行くべし !」

「(`o´ヾ アイアイサー!!・・・OJF別動班急行いたします。」キッパリ

さあさあ、準備、準備
・・・のったり、のったり 
(カメか、おまえは ! ハリアップ
・・・(ノ_-;)ハア…)

「すぐ行くって、返事したのに もう30分経つしー」
・・・(`(エ)´)ノ_彡☆ブーブー!!

マッチャン隊長の嘆きを背に、もっさりもっさりとエレーベーターに乗り込む、あっCー
トロー ! (ウシか、おまえは ! もう、ウッCーじゃ !! )

ウッCーに、牽かれて善光寺まいりのぐっちさん
目指すは、松坂屋屋上 ! ヤアヤア、参ろう、参ろう !

——————————————————
ポックリ、ポックリ、到着の屋上、
雨がぱらつく生憎の天気 お客もパラパラ、寒いしぃ 

現場で会場リーダーも、しょんぼり、とんぼり、どうとんぼり
「助かった予定ボランティアが来なくて困っていたんですよ。ホント。余ったお弁当食べていいですよ。」
ウシのように、ダラダラよだれを流す、ウッCーことあっCーであります。(食いもんに、ヨワイんだからぁ~ビビンチョ !! )

「では、物品と募金、よろしく !!」
どろん!! |_・) |・) |) ※パッと、消える会場リーダー

ぐっちさん、大丈夫です。こう見えても晴れ男なのですぞ ! エヘーン!!
・・・・σ( ̄◇ ̄;) ワ、ワタシ?
ホラ、晴れてきたでしょう。
と、見る間に雨が降ってきたのだ。
・・・・ (T△T)

それにかまわず、ぐっちさんの売り声、爽やか軽やかハイジャンプ !!
つぎつぎ、Tシャッが売れる。

ふと、立ち止まる年配の男性、(・_・)……ン?
「このシャッのLないの ? 」
去年のバージョンなので、もうない (T△T 三 T△T)
「ありませ・・・」
「よろしかったら探して、来ましょうか? Tシャツセンターに行ってくるのでしばらく待っていただけますか ? 」
「じやぁ、お願いします。」
「エッ !!」—-(ノ゚ω゚)ノ

ε=ε=ε=ε=┏(; ̄▽ ̄)┛ ふははは
脱兎のごとく駆け出すぐっちさんでありました。
急げメロスを彷彿されましたです。
がんばれ ! ぐっちさん 

お客さまにまごころを届ける為に
そう、思いながら 視線は、お弁当から離れないウッCーことあっCー
ボー 
(コラ ! ぐっちさんが、がんばっているのに何をしてるか、ペレストロイカ ! )
スコット・ハミルトンのばちか、風が出てきて 寒いのなんのってからして プルプル

とうとうこの会場、最後の曲が始まってしまった。
雨も、少し強くなり 三々五々帰りかけている。
ミ☆ ヽ(゚ロ゚(-_-;)ゝ アッ!、あの声はぐっちさんでは ?

ふははは┗( ̄▽ ̄;)┓=3=3=3=3

イャ~アセッタ、アセッタ、アオエミナ

ぜいぜい、息を切らして ぐっちさん 
「あったの、あったのよ Tシャッ ! 」

なぜか、ロッキーのテーマが浮かんでしまいました。(´ρ`)

「センターに行ったとき、もうないって、でももう一度探してってお願いして、あったの、ほんとに、正真正銘のさいごの1枚」

ミラクル !、 ミラクル !、・・・  |)゚0゚(| ホェー!!

さっそく、会場で待っていたお客様に
「他の会場で探したけど、無かったんだよね~、ありがとう ! 」
感動の一瞬 (イャン、ドラマチックやわぁーン)  ヽ(⌒‐⌒)ゝ

ぐっちさん、説明したけど 
このシャツのプレミア 半端じゃあない !  わかったかなぁ?
でも、まごころは伝わりましたね ! ぐっちさん
めでたし、めでたし
ぐっちさん、ファイン ! ミラクル ! ワンダフル ! マーベラス ! イッツクール !!!(≧∇≦)ъ ナイス!

忘れてた会場では、ミュージシャンが ぉお!!(゚ロ゚屮)屮って感じ

お客が、みんなゾロゾロ帰り始めている・・・・・
実は、最後アンコールを準備していたのだ。
MCも、あまりの客足の速さにタイミングを逃し、呆然 (|||▽||| )
・・・お疲れさんでした。

観客も帰った会場にて、
片付まで、しっかりこなすぐっちさん
しっかり、お弁当を見つめるウッCーことあっCー
重たい備品を、本部まで運ぶぐっさん 疲れてました。ハイ
お手て、伸びてナァ~い ?
——————————————————–

「がんばれ ! ぐっちさん」
これにておわりー、カチカチ !
by あっCー

高槻ジャズストリート参加しました(黒ボンバー編)

大津ジャズフェスティバル実行委員の黒ボンバーです。

5月3日、高槻ジャズストリートへお手伝いに行ってきました。

今回で14回目を迎える高槻ジャズストリートは、2日間で25~30万人を集める西日本最大のジャズイベントです。
大津ジャズフェスティバルは昨年2日間で2万人でしたから、まだまだ、発展途上です。

大津ジャズフェスティバルが始まって以来、先輩である高槻ジャズストリート実行委員会さんには毎年機材を貸していただいたり、運営のノウハウを教えて頂いたりと、助けていただいています。

そんな訳で、今年は、46ヶ所ある会場の内、2ヶ所を大津ジャズフェスティバル実行委員会でお手伝いをさせていただきました。

私がお手伝いする総合市民交流センターは、午後1時から午後9時前までの長丁場でしたので、2部制にして、早番と遅番に分けて会場担当をすることになりました。
遅番担当の私は、午後2時半に会場入りしてお手伝い。それまでの時間は一観客として楽しみます。

天気予報では午前中は雨と言う予報でしたが、晴れると判断して、サックスを持参して高槻へ。
目的は、午後1時からの古谷充・光広さん親子による、サックスワークショップです。

昨年から始まったワークショップですが、意外に楽器持参の人が少なくて、昨年は3人でした。
今年は、私の他にもう一人の若者が楽器を持参していました。

今年のワークショップの内容はスケール(音階)でした。
ドレミファソラシドを変化させて、明るくしたり暗くしたり、
そして音を省いて加えてブルーノートスケールになり、
そのいくつかの音を省くとペンタトニックスケールになると言う説明と実践でした。

その後、古谷光広さんがキーボードで伴奏をしてくださって、私ともう一人の若者と古谷充さんの3人で、ペンタトニックでのアドリブ練習をしました。

光広さんが、『ハイ!』と言う度に、ブルースのアドリブをとり、その後『3人一緒に!』と言うことになって、古谷充さんと夢の競演が出来ました。

最後に、古谷親子の模範演奏を聴いてお開きになりました。
わずか45分の時間でしたが、ジャズストリートならではの大変貴重な体験が出来ました。

その後、担当会場に戻って、夜の9時までお手伝いしました。

こんな素敵なジャズフェスティバルの力で、シャッター商店街だったと言う高槻の商店街は、すごく活気にあふれた街になっています。

高槻ジャズストリートは今年が14回目、大津ジャズフェスティバルは今年が4回目となります。
10年後には、浜大津の商店街が高槻のように活気を取り戻していると信じています。

こうして、楽しく充実した高槻の1日目は満足な気持ちで終わりました。