OJFについて

OJFとは

「大津ジャズフェスティバル」は、滋賀県大津市で毎年秋に開催されている、”世界一美しい”ジャズフェスティバルです。

2016年は、10月15(土)・16(日)に開催が決定しました!

大津ジャズフェスティバルは、JAZZを愛するいち市民、故 小山清治氏が、仲間を集めて、ゼロから立ち上げたジャズフェスティバルです。2009年に第1回が開催され、様々な経験を重ねながら、今年で第7回目を迎えます。

大津ジャズフェスティバルのコンセプトは、「JAZZと一緒に街歩き」です。
期間中は、大津のまちなかと、美しいびわ湖岸のあちこちで、ジャズをはじめとした素敵な音楽が響き渡ります。
パンフレットを片手に、幾つもの会場を回ってくださるジャズ好きのお客様。
通りすがりに、自転車を押しながら、足を止めて聴いてくださる近所の方。
広場の片隅に、レジャーシートを敷いて、びわ湖の風に吹かれながら、生演奏を楽しんでくださる親子連れ。
ガーデンチェアで、ビールを片手に、会話とジャズを楽しむご夫婦。
みなさん、自由に当フェスを楽しんで下さっています。

大津ジャズフェスティバルを運営しているのは、有志のボランティアたちで結成された実行委員会です。
実行委員は、年代は20~60代と幅広く、参加動機も、まちおこしから、自身がミュージシャン/演奏家であったり、音楽が大好き、なんとなく面白そうだった、いつの間にか(笑)…など、さまざま。
大津市民だけでなく、京都や草津からも、多数の仲間が参加しています。

大津ジャズフェスティバルの運営資金は、観客のみなさまからの募金、オリジナルグッズ等の売り上げ、出演者からの参加協力金、広告の協賛金と、大津市からの助成金にてまかなわれており、本当の意味での「有志による」「手作りの」フェスであることが、私たち実行委員の誇りでもあります。
私たちが、今までに積みあげてきたこと。
そして、新しく作りあげていくこと。
「今年は、こんなことしたら楽しそう!」
でも、やり方が分からない。
そのためには、どうしたら…?
殆どのメンバーが、イベントの運営には全くの素人です。
だから、運営会議は、毎回議題が山積みです。
でも、本番が終わった時の、充実感は最高です。
いろんな人がいますが、みんな仲間です。
今年は、あなたも観に来てくださると、そして、仲間になってくださると、大変うれしいです。

これからも、大津ジャズフェスティバルをどうぞよろしくお願いします!!

開催概要

日程 2016年10月15(土)・16(日)
両日とも12:00~20:00を予定
アクセス 京阪浜大津駅~JR大津駅周辺
大津市中心市街地や琵琶湖湖岸に複数会場を設置予定
料金 全会場入場無料
お問い合わせ info@otsu-jazz.com
090-6558-0598 (10:00~23:00)

ご報告

第7回 大津ジャズフェスティバルを終えて

第7回 大津ジャズフェスティバルは、10月17日、18日、素晴らしい秋晴れのもと、2日間で、過去最高のおよそ3万3千人ものみなさまにご参加いただき無事終了することができました。心より御礼申し上げます。 音楽の力で大津の街を元気にしたいと、市民が集まって運営するこの取り組みに、様々な形で、様々な方々にご参加、ご協力をいただきました。今年もみなさまのお気持ちの美しさに全ての実行委員が胸を熱くいたしました。ほんとうにありがとうございました。 この「世界一美しいジャズフェスティバル」は、みなさまにお力をお貸しいただきながら、共に歩んでまいりたいと思っております。 これからも、変わらずご支援、ご協力をいただきますようお願い申し上げます。

大津ジャズフェスティバル実行委員会

第7回 大津ジャズフェスティバル

会場数 17日
オリジナル会場…14 セッション会場…1 パートナー会場…13

18日
オリジナル会場…13 パートナー会場…2
出演数 2日間のべ およそ140組 およそ1,000名
(セッション会場・パートナー会場除く)
来場数 2日間のべ 33,000人

第7回大津ジャズフェスティバルパンフレット

第7回大津ジャズフェスティバル報告書

過去の報告

  • パンフレット
  • ワールドびわガーデン
  • ゲスト紹介
  • 実行委員募集
  • 大津ジャズフェスティバルJAZZと一緒に街歩き
  • ボランティア募集

PAGE
TOP